Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電柱問題再浮上

お隣さんはもうほぼ工事が完了しています。電柱から電線も取り出しているのですが、俺たちの敷地の電柱から取っている事に今日気づきました。

こんな感じ。
20070109013752.jpg
いや、俺たちの敷地の電柱から取ってもらうのは全然構わないんですよ。まあ、隣家は南側に電柱を敷地内に持っているので、そこから取れよってのが本音ではありますが。それを抜きにしても、こうやって俺たちの敷地の電柱から直接引くってのはちょっとマナーとしておかしいと思います。だって、例え5cmだとしても俺たちの敷地の上を通っているわけですから。細かいと思うかもしれませんが、やっぱりちょっと納得が行きません。

というわけで、また東電へ連絡しました。前回電柱移動の時の担当者と話をすると、やっぱりこの状況はおかしい、と言う話になりました。東電のガイドラインの中でも、やはり普通やらない取り方だと言うことです。

本当だったら、南側の電柱から外壁を這わせて電源を取るように変更してもらいたいところです。ですが、おそらく隣家を設計した人は敷地内に電柱があるにもかかわらず、安易に北側隣家(俺たちの家)の電柱から取ればいいと思って電源の位置を決めたんでしょうね。その安易さが凄く嫌です。俺たちの家は、線が邪魔になるのを気にして地下を通すように設計しているので、余計に気になります。

さらに、東電の担当者も担当者で、設計者がこの位置に配置して工事の際にここから取る指定になっていたとしても、何らかの金具などで空中に逃がすべきです。この安易な2者のおかげでこういうふざけた状況が生まれたと思うと、真剣に家造りをしている(少なくともこの2者よりは)側としては不愉快です。

すぐに現場を確認後、再度連絡が来ると言うことで電話を切りました。おそらく金具を取り付けるような話になるでしょう。
  1. 2006/12/27(水) 23:35:25|
  2. 電柱問題

電柱撤去完了

今朝もまた土地に行ってみました。入ってすぐになんだか違和感が。

あれっ、電柱無いんじゃない?撤去終わったんだ。
20060907213447.jpg
おそらく昨日撤去されたんでしょう。

こんな感じで。キレイさっぱり。
20060907213417.jpg

近くで見ても、どこに電柱があったのかいまいち不確かなくらいキレイさっぱり。
20060907213427.jpg

というわけで、当初の約束の通り9月の1週目には終わりました。これでとりあえず電柱話はおしまいです。簡単なもんですね。後は電柱が生む利益だけが俺の懐にチャリンチャリンとね…

「電柱問題」カテゴリはおそらくこれで最後です。お付き合いいただきありがとうございました。
  1. 2006/09/07(木) 21:37:50|
  2. 電柱問題

電線の張り替え完了

電柱の工事一切は9月の1週目に終わるって聞いてました。もう既に9月4日になるんですが、何の連絡もねえなと思い土地を見に行って見ました。

すると、何だよもう電線張り替え終わってるじゃん、って事に。
20060906012346.jpg
手前が新しい電柱で、奥にあるのがお役御免になった古い電柱。いずれ引き抜かれます。おそらくそれも9月の1週、つまり8日までには終わるはず。(厳密には1日が1週目ですが)

器用なもんで、こんな風に三つに分岐させてます。空中で。左から見るとこんな感じ。
20060906012401.jpg

右から見るとこういう感じ。
20060906012409.jpg

これが正面。
20060906012708.jpg
金物と空中での分岐のおかげで電線は道路上を通るわけですね。

思ったんだけど、南側の土地が見ての通り全然売れないので、定点観測も真正面からの方がよかったんじゃねえの。竣工しても暫く定点観測は続けようと思ってるんで、いつ前に家が建っても良いようにあの角度なんですよね。まあいいや。

電柱移設関係としては、最後に古い方が引き抜かれるのを待つのみとなりました。結構このブログに「電柱移設」ってキーワードで検索して辿り着く人達って多いんですよね。何か参考になってれば良いのですが。
  1. 2006/09/04(月) 22:18:23|
  2. 電柱問題

電柱が立った

さっき見てきました。確かに新しい電柱が立ってる。ええもう天まで届かんばかりにニョッキリと。
20060817092759.jpg

立ってる場所も概ね事前の話の通り。
20060817092809.jpg

後は1枚目写真の奥に写ってる古いのを撤去して、電線を張り替えるばかり。いやあ、言えば移設してくれるもんだなぁ。
  1. 2006/08/17(木) 09:30:02|
  2. 電柱問題

電柱の新設工事日程

今日東電の工事を受け持っている会社から連絡がありました。電柱の新設工事についてです。

その日程ですが、いきなり明日やるって話でした。明日かよ。

まずは明日新しい電柱を立てて、その後改めて既存の電柱からの電線張りなおしを行って、ようやく古い方の電柱を撤去すると言う運びになるようです。張りなおし等の日程はまた改めて連絡するとの事。

なるっべく隣の家との境界ギリギリにしてね、って良く言っておきました。明日以降電柱が立ってるか見に行ってきます。
  1. 2006/08/15(火) 13:56:04|
  2. 電柱問題

電柱の土地使用料が振り込まれました

へへへ、不労所得ゲット。自分の土地に電柱持つたぁ金の生る木だぜ。

…2,000円ですけど。
  1. 2006/08/12(土) 14:52:59|
  2. 電柱問題

電柱移設工事の日程

今日の昼間に東京電力から連絡があり、電柱の移設工事は9月の第1週を予定していると連絡がありました。

「え?9月?1年で1,500円しから払わないのに1ヶ月以上かかるわけ?」って嫌味をたっぷり言いましたが、工事予定が詰まっていてどうにもならないそうです。ホントかよ。

確実に9月8日までに全作業を終了させる、という言質を取ってそれで勘弁してやりました。順調に行って着工が10月という事なので、9月8日に電柱が動くならそれで問題無いでしょう。

その後、こんな風に動かします、っていう適当な図面がFAXされて来たんですが、「機密情報」だって書いてあるのでUpできません。残念。
  1. 2006/07/21(金) 22:37:34|
  2. 電柱問題

How much? 電柱の年間土地使用料

今日の午前中、家に東電不動産の人がやってきました。土地が俺達の物になったので、承諾書の記入を頼みに来たようです。それと、移設の詳細について再確認していきました。

「電柱等の設置についてのお願い」として色々書かれている書類の反対側が「電柱等の設置についての承諾」となっていて、そこに住所氏名と振込先の口座番号を記載しておしまいです。

ちなみに、こんなことが書いてあります。今後電柱を土地に設置する方達は参考にしてくださいな。
20060717012434.jpg

さて、タイトルにもなっている魅惑の土地使用料とは年間いかほどでしょうか。楽しみですね。住宅ローンの足しになるかもな。期待に胸を膨らませて見てみると・・・
20060717012422.jpg
1,500円かよ!!!!!クソの足しにもならねぇーよ!

あれ、3年で1万円くらいになるとか聞いてたのになぁ。3年で4,500円じゃん。一切何の足しにもならねぇ~っす。やってくれるな東電。1,500円でいいなら俺が誰かの土地に電柱立てたいわ。

ともかく、移設は1ヶ月から1ヶ月半くらいで行われるって話。
  1. 2006/07/13(木) 23:18:43|
  2. 電柱問題

そして電柱はどこに?

今朝現地で東電の担当者から、2つの移動手段を提案された。

1). 現在の位置である北西角から、東に5m程敷地の奥に移動させる。
2). 現在の位置である北西角から、南西の角に移動させる。

の2つ。

5mあれば車を入れるのにも邪魔にならないので、1つ目の案が良いかと思いましたが、現在南側からしか電線を引き込めないため西側の区画に電柱が立つまで は結局敷地の南西あたりに仮設の電柱を立てなければならないという話です。その後仮設の電柱は撤去出来る。その時点で外溝が今のように土のままなら撤去は 簡単だけど、もしコンクリートなどにするのであればそれはまたひと手間となる。

というわけで、2つ目の案で移動をする事になりそうです。大体以下の図のような位置になる感じ。


電柱の直径は26cmで、余裕を見て30cmが電柱に使われると考える必要があります。よって隣地の境界線から北側に30cmが使えなくなります。そし て、敷地の西側境界からは50cmほど中に入れられる(金物を使って電線は道路側にオフセットする)そうなので、南西の角ギリギリではなく少し内側に入れられると。バックで車を入れる事を考えると、隅にあるよりは少し内側の方が圧迫感が無いと思います。それと境界石の基礎に干渉しなくて済むのでこの方が無駄が少なくなります。

難波さんに相談したところ、やはり南西側に移した方が有利だという事でした。というわけで、この通り移動を明日電話して依頼します。2ヶ月かかるとか言ってましたが、まだ着工までは時間が有るので問題は無いでしょう。ひとつあるとすると、電柱の問題は解決しましたが、北側のスペースは2100mmで適正かという事くらいです。擁壁も作られるはずなので、その分少し狭くなる。軽自動車が無いから試せないのですが、ちゃんと入るかな?いや、寸法的には入るし、俺は別に入りさえすれば狭くても全然問題ないんだけど、妻が日常的に駐車する事が辛いほどにギリだったりしないかな?という事。例えば2300mmくらいにした方が良かったりするか?と考えてます。どうなんだろうな?
  1. 2006/06/14(水) 22:39:53|
  2. 電柱問題

電柱移動再浮上

この数日、またもや電柱を移動させる話が持ち上がってきています。今度は敷地の中での移動です。

以下の図にあるように、建物の北側には2100mmのスペースが空く予定になっています。
20060614004141.jpg

これは、3階建てであるため北側斜線を守るにはこれだけの間隔が必要になるために空けざるを得ないスペースです。

この図面ですと、2100mm=2.1mあります。普通の車だったら入ってしまうスペースなので、駐車場に使おうと考えるのが普通の展開。南側に2台停められるのですが、あわよくばこっちにも停められればしめたもの。そう思っちゃうのが自然な発想だと思います。

で、す、が!!!過去のエントリにあるように、敷地の北西角に電柱が立っています。おそらく北側の敷地境界から600mmくらいは電柱によって使用不可能なスペースになっていると言う感じ。

当初は南側に2台停められるので、この電柱は建物の設計には影響の無いものとして考えていました。なので、移動させたかったと言っても敷地から出すだけで、このスペースを駐車場として使うとすればどちらにせよ邪魔になるものでした。

ここ数日、難波さんと第1案に対しての希望などをメールで打ち合わせしていました。その中で、この土地をフルに活用するのであれば、やはり北側に車を1台停められた方が好ましいという部分で意見が一致しました。そりゃそうです、だってどっちにしろ2100mmは空いてしまうわけで、そこを電柱に600mm殺されたらホントに無駄になってしまうわけです。それが余裕、という物とも言えるかも知れませんが、そんな状況にはありません。限られた敷地です。

では、どうやってこの土地を活かすかと、北側に1台停められるようにするかとなると、もう建物を南側に500mmずらすということしか考えられませんでした。軽自動車なら1500mmくらいの幅なので、2100-600でぴったり!とか思いそうですが、ミラーもあるし乗り降りもしないといけない。なのでやはりずらす必要がある。それによるメリットは、やはり北側に車が停められるようになること。デメリットは1階の陽当たりは少し悪くなる事と、南側に2台駐車は難しくなるということ。2階より上の陽当たりに対しての影響は殆ど考えなくても良いということでした。

まあ、北側に1台停められれば南側も1台で十分。MAXで2台も停められればそれでいいからな、なんて思いました。難波さんも、そうして南側を1台だけにすれば玄関アプローチと小さな庭を確保できると思うと言っています。うんうん、悪くないよね。

って、ちょっと待てーーーーーーー!!!

電柱さえいなければ第1案のままで北側に1台、南に1台(あわよくば2台)、アプローチに庭も確保できて1階の陽当たりも悪くさせないで済むんじゃねえのか???

というわけで、即東電に電話しました。敷地内での移動をしてくれと。土地を提供するのすら拒否したい気持ちがあるが、自分も使う電気だし半公共的な施設であり、敷地を提供するのは吝かではない。が、駐車スペースを確保するための移動は絶対にしてくれと。可能であれば北東の隅に移動させて、電線は建物の東側を通してくれと。区画の入り口の電柱が敷地の東側にあるので、不可能とは思えない、と。図面を確認後折り返しますと言われて電話を切った。それが昨日。

そして今日、連絡があり移動は可能であると聞きました。明日現地でどこに移せば邪魔にならないかを打ち合わせする事になりました。移動が前提の打ち合わせです。これで建物をずらす事無く済むかもしれません。
  1. 2006/06/13(火) 13:00:08|
  2. 電柱問題
«   PREVIOUS    |   HOME   |   

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。