Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

構造躯体工事#4 - 耐力壁施工

今日も現場に行ってきました。

棟梁に挨拶をして中に入ってみると、耐力壁の施工が行われていました。
20061207102028.jpg
この写真で言うと、ほぼ中央に写っている柱の左右の壁が耐力壁になる部分です。それにしてもこの窓カッコいいな。

20061207102038.jpg 20061207102049.jpg
1,2,3階にそれぞれこんな感じで耐力壁が作られます。これはキチンと構造計算をした上で、どこに配置するかが決定されています。キチンと構造計算しているというこの点も、俺たちが箱の家を選んで良かったと思える部分です。

大開口やデザインを損ねずに、どうやって耐力壁部分を増やすか山根さんに骨を折ってもらった部分です。微妙に滑り出し窓の位置を変えたりして、今の耐力壁の配置が決定しています。

20061207102059.jpg 20061207102110.jpg
耐力壁ってのがどうなっているかと言うと、こんな感じで外壁パネルの内側に枠が作ってあり、そこにOSBのパネルを計算された本数のビスで固定することによって、耐力壁とするわけです。要するに、筋交いは線だけど耐力壁は面そのもので支えるんですね。

20061207102120.jpg
このパネルが前述の枠に固定されていきます。
  1. 2006/11/29(水) 23:14:54|
  2. 構造躯体工事

構造躯体工事#3 - 軒梁修正完了

そうそう、上を見てみるとすぐわかりましたが、
20061205222751.jpg
軒梁の修正はすべて終わっていました。ばっちりですね。

これで難波さんの拘った庇のデザインが実現されますな。
  1. 2006/11/23(木) 23:27:29|
  2. 構造躯体工事

構造躯体工事#2 - 軒梁修正作業

外壁パネルが張られていく中、テラス部分から上を見てみると2人の方が作業をしていました。随分高い場所だぜ。

20061205221259.jpg
何でも、俺たちの家で使っている集成材を作った工場から、軒梁部分の修正にやってきている人たちなんだとか。岐阜から3時間車を飛ばしてやってきたとかそんな話をされていました。ご苦労様です。やはり、難波和彦案件は気合を入れるんでしょうかね。

さすがに上手に削っていましたよ。
20061205214310.jpg
これがBeforeで、

20061205221326.jpg
これがAfter。すっかり斜めに削られています。こんな場所で上向きに工具を使って良く出来るなぁと関心。仰向けで本読むのの20倍は疲れるだろうに。

これで難波さんのデザインどおりの庇になる事に問題はなくなりました。良かった良かった。はるばる岐阜からありがとうございました(あなた方のミスですけれども)。
  1. 2006/11/22(水) 23:10:52|
  2. 構造躯体工事

構造躯体工事#1 - 軒梁問題

「構造躯体工事」としては建方が最初となるはずですが、便宜的に上棟式以降の作業をこう呼ぼうと思います。

上棟式も終わり、各自それぞれ帰宅する段階になりました。そこで、建物を出ようとする難波さんが何かに気づき、山根さんやイノウエさん達と何だかいろいろ話し出しました。

聞いてみると、軒梁が本来プレカットされるべき形状と違う形のまま組みつけられている、との事でした。どうやら、工場側のミスだと言うことです。
20061205214310.jpg
これがその軒梁です。本来であれば、軒先に行くに従い細くなっていくはずだそうです。

…そうだっけ?

帰ってから、すかさず製本された図面を確認しました。
20061205214317.jpg 20061205214329.jpg
ああ、確かに庇が先端に向けて細くなるデザインになってますな。ぶっちゃけ全然意識してなかった点ですが、いつも目にしているのはこのデザインです。真っ直ぐだと確かにちょっと違う。

現在取り付けてある梁はまっすぐのまま。デザインを変更するのかな、と思って難波さんに聞いてみました。

「これはどうするんですか?」
「工場に直してもらいますよ。もう梁だけ外せないからここで直してもらうかも知れない。」
「このまま真っ直ぐに変更する、って事は無いんですか?」
「だってカッコ悪いでしょ?」

と言う話でした。確かに斜めの方がカッコいいですね。

それにしても、いつから斜めになったんだろう?手元にある模型を見ると、庇の部分は真っ直ぐですぞ?最初にもらった図面でも真っ直ぐ。どこかの立面図の段階でここのデザインに変更があったみたいです。気づけよ、俺。

難波さんとしては、青本往来記に「もっとも気を使ってデザインし、製作図段階でも何度も念を押した」と書いているのでこのデザインにかなりこだわっているみたいです。
  1. 2006/11/18(土) 23:39:15|
  2. 構造躯体工事

建方#3

さあ、後は2階3階と同じように梁の組み付け、床板の取り付けを行います。そして最後に屋根パネルを取り付けて養生すれば建方がおしまいです。前2つのエントリでその辺りの工程は載せたので、それ以外の建方の風景をいくつか載せて終わりにしようと思います。

3階の床板も張られた後に、階段になる場所から見てみました。
20061126003216.jpg
写真上部の空間が階段の吹き抜け。下部のが家族室の吹き抜けです。できてみると、この吹き抜けの気持ちよさはハンパじゃないのがわかりました。それと、南側の開口も最高。

20061126003223.jpg
出番を待つ梁や柱達。

20061126003106.jpg
養生された土台部分。養生してなかったらすぐ汚くなっちゃいますね。養生は重要だとイノウエさんも言ってました。サービス(?)で床板の上にも全て養生をしてくれてました。施主としてはいくら養生してもらっても構いません。

20061126003250.jpg 20061126003302.jpg
至る所で主張の強いSE構法。床板にも、ダンボール箱にも。そういえば金具にも全部SEって入ってましたね。

休憩中にクレーンのエンジンを止めてみると、「プシュー!」と何だか空気が漏れているような音が…
20061116150147_DiMAGE-X.jpg
エア漏れだかで、メカニックを呼んで作業してました。何のエアだかわかりませんが、建方が中止になるかと気が気じゃなかった。事なきを得ましたが、エア漏れしても平気なんだろうか。現場で修理完了してたわけじゃ無さそうだし、良くわからん。

そして、建方も殆ど終わりの1枚。
20061126003333.jpg
うーん、我が家です。3階建てです。今までずっと模型で見てたのと同じです。とたんに実感が湧いてきました。そして、思ったよりもでかい。地縄の時や基礎の時なんてすげー小さく見えたのに。

そんな感じで、1日中建方を見学した日が終わりました。無事に終わって良かったです。
  1. 2006/11/16(木) 23:40:29|
  2. 構造躯体工事

建方#2

11過ぎには1階の梁が全て取り付けられました。
20061126000754.jpg
こんな感じ。うーん、集成材の美しさよ。惚れ惚れします。

20061126000801.jpg
その後、床板がクレーンで梁の上に運ばれていきます。

そしてあっという間に床板が取り付けられました。
20061126000808.jpg
箱の家は梁などがアラワシなので、竣工後も1階天井はこんな感じになります。

エアツールで床板がどんどん固定されていくのですが、切れっぱしを拾ってみると結構分厚かったでので安心。
20061126000820.jpg
28mm厚とのこと。これに釘を貫通させるなんて、どんだけ威力あるんだよ。そりゃリーサルウェポン2で武器に使われるわけですよ(懐かしいですね)。

床板を取り付ける前だったかどうかが定かではありませんが、仮の筋交も取り付けられています。
20061126000827.jpg 20061126000902.jpg
最初は何だよこのきったねえ板、って思いましたがこの仮の筋交(仮筋)があると無いとでは大違いだって言う話です。柱と梁だけじゃ不安定で、とても上に乗って作業なんてできないって言う話です。でも、SE工法の場合は大分マシだと言うのはイノウエさん達の談。さらに気になることに、梁に釘打ちされています。ですが、外側部分は壁パネルや外壁で隠れるのでまあOKって事です。心配したぜ。この仮筋は壁パネルが取り付けられると同時に取り外される事になるって話。

これで1階部分が終了です。
  1. 2006/11/16(木) 23:33:51|
  2. 構造躯体工事

建方#1

今日は建方です。会社も休んで朝から現場に行ってみました。

20061125233632.jpg
8時くらいから作業を開始すると聞いていたのですが、なんやかやで9時半くらいに現場に到着。既に全て柱は立っていて1階の梁を取り付けている段階でした。

20061125234508.jpg
柱は1階から3階まで1本の物が立っています。それぞれ梁の部分にSE金物がついていますね。プレカット工場で俺達の家用に作られた柱達です。

見てるうちにどんどん梁が組み付けられていきました。
20061125233638.jpg
青空の下クレーンで梁が持ち上げていく様子はなんだか雄大でした。

20061125234412.jpg 20061125234418.jpg
クレーンで持ち上げた後それを指定の場所まで運び、金具の間にはめ込んでいきます。はめ込んだ後は上から木槌で叩き、しっかりとはめ込みます。

20061125235132.jpg
金具はこんな形になっていて、それぞれの梁に入っているスリットに入ります。

20061125235139.jpg
上から3つピンが見えると思いますが、このうち1つはあらかじめ打ってあり、金具の上部のU字型部分で受けるようになっています。そして、木槌で奥まではめ込んだ後に、下の2つのピンを打ち込んでいきます。これで梁が固定される仕組みです。シンプルだけどしっかりしてます。

20061125235144.jpg
そのピンはこんなずいぶん太い物です。テーパー状になっているので、梁の穴に打ち込んでいくと固定される仕組みです。よく考えてあるな。この前出雲大社の大神殿に関するドキュメントを観たんですが、そのときに使われていた金釘もこんなテーパー状だったのを思い出しました。

以上の作業をひたすら行うと、1階の梁が全部取り付けられます。さらに建方の作業は続きます。
  1. 2006/11/16(木) 23:30:58|
  2. 構造躯体工事

土台設置

資材がどんどん搬入されていく中、土台が設置されていきました。

20061116034435.jpg 20061116034441.jpg
こんな感じであらかじめ並べられています。そしてボルトを通す為の穴を現場であけていき、土台が固定されていきました。

20061116034449.jpg
ちなみに、またSE金物の画像を。こいつもしっかりした金物ですな。

今日は小雨が降ってしまったらしく、柱や梁に金物をつけていく作業明日に延期になったそうです。

明日はいよいよ建方です。会社も休んだし、一日中現場で作業を見てようと思います。
  1. 2006/11/15(水) 23:48:03|
  2. 構造躯体工事
   |   HOME   |   

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。