Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

基礎工事#19 - 地中配管作業

今日現場に行ってみると、下水の配管を地中に埋める作業が行われていました。

20061109003906.jpg 20061109003917.jpg
敷地の東側から南西の隅にある汚水口まで配管を引いています。勾配が必要なので、汚水口までにはかなり掘り下げる必要があるみたいです。

この作業が終わりますと、今度は基礎以外のコンクリートを打設したりするようです。
  1. 2006/11/08(水) 23:41:00|
  2. 基礎工事

基礎工事#18

今日も現場に足を運びました。

20061105102511.jpg 20061105102518.jpg
水道工事の続きが行われています。特に大きな動きは無し。

20061105102524.jpg
お隣は建方のようです。大きな動きだ。電線を跨いでクレーンで作業をしていますが、俺達の家は電柱を移動したおかげで電線に邪魔されずに作業が出来そうです。
  1. 2006/11/02(木) 13:24:29|
  2. 基礎工事

基礎工事#17

今日も現場へ行ってきました。

20061103023208.jpg 20061103023215.jpg
引き続き水道関係の作業が進んでいましたが、特に大きな動きはありませんでした。

ところで、水道屋さんとの話の中で、「グロブとかやってんの?そりゃ沢山写真撮らないと。」って言われました。グロブ?グローブ?何のこっちゃ?と困惑しましたが、どうやらブログの事なんですね。吹き出しそうになりましたが、何とか平静を保ちました。笑わせんなよ。

それと、隣の家に足場が組まれ始めました。
20061103023807.jpg
もうそろそろ建方のようです。足場が組まれたのを見てみて、やっぱ南側に家が建つのは邪魔だなーとか考えてもしょうがない事を思ってしまいます。どんな家が建つんだろうな。

ベランダになる部分に立ってみて、日差しにどれくらい隣家が影響するかを暫く考えてから現場を後にしました。
  1. 2006/11/01(水) 23:30:59|
  2. 基礎工事

基礎工事#16

今日現場に行ってみると、また基礎が養生されていました。

20061102173936.jpg
今更ですけど、木枠がいつの間にか無くなってますね。コンクリート打設の後に撤去したんですね。

20061102173945.jpg
現場では水道屋さんが基礎の中に埋め込んだ配管にさらに管を接続する作業をしてました。

20061102174006.jpg
テラス部にあるこの基礎って何なんだろうなー?ってずっと思ってたんですが、ようやく意味がわかりました。支柱の基礎なんですね。なるほど。
  1. 2006/10/31(火) 22:38:29|
  2. 基礎工事

基礎工事#15 - 型枠除去

今朝現場に行ってみると、養生が取り除かれ基礎がその全貌を露わにしていました。

型枠もどんどん取り外されている状態でした。
20061031023920.jpg
なんだかケーキみたいです。一気に四角いコンクリートの塊になっちゃいました。

基礎屋さん達が型枠を取り外していましたが、その場でカップブラシを使って型枠を綺麗にしていました。型枠にコンクリートがついちゃうんですね。

20061031023931.jpg
側面のスタイロフォームはこんな感じ。

20061031023939.jpg 20061031023946.jpg
電気のと水道の配管はこんな感じになっていました。

もう乗っても大丈夫と言うことだったので、出来たての基礎の上を歩いてきました。この基礎がこれからずっと俺達の家を支えてくれると思うと、感慨一入です。

この後は基礎の上に左官屋さんが3cmくらい仕上げのモルタル(?)を塗るらしいです。
  1. 2006/10/30(月) 23:38:34|
  2. 基礎工事

基礎工事#14 - コンクリート打設記録

山根さんからコンクリート打設の際の記録が届きました。(同時に配筋検査に着いても届きました。)以下の写真の提供は全て山根さんです。

まず、スランプ試験です。スランプ試験というのは、コンクリートの流動性を確認する試験です。スランプコーンという試験用の容器に生コンクリートを入れ、真上にスランプコーンを抜 き取ったときにコンクリート頂部が何cm下がったかを測定します。一般的に建築には15cm~18cmのものを使うらしいです。スランプの値はコンクリー トの強度とは直接関係しませんが、シャブシャブのコンクリートだったら低い値がでないであろう事は明白ですね。(水セメント比とか色々あるみたいです。セ メント減らせば安くなるけど弱くなりそうってのは素人でもわかりますな。)現場で打設前にチェックするのが重要だという話。

20061029213207.jpg
今回の結果は14cmだったと言うことで、コンクリート配合は問題なし。

さて、打設前に地鎮祭でご神職から預かった鎮物を基礎の中に入れます。
20061029213215.jpg
丸の中が鎮物です。

20061029213220.jpg 20061029213224.jpg
その後、生コンをポンプ車で流し込んだと言うことです。コンクリートミキサー車から直接流し入れるんじゃないんですね。

20061029213230.jpg
そして、バイブレータを使用して型枠の隅々までコンクリートを行き渡らせる作業です。前述したスランプの値が大きければ流動性が高く、流し入れるのが簡単になるのでしょうが、そこにあえてスランプ14cmの生コンを使ったのには意味があるんでしょうね。

20061029213235.jpg
地中梁にコンクリートが入りました。この後スラブにも全てコンクリートが打設されました。そして、基礎工事#12の状態に続くわけですね。
  1. 2006/10/28(土) 21:15:42|
  2. 基礎工事

基礎工事#13 - 養生

今朝また現場に行ってみると、ブルーシートで養生がしてありました。

20061029210739.jpg
こんな感じ。朝早くに養生されたみたいですね。昨夜はしてなかったですから。うーん、つまらんな。どうなってるかわからん。

20061029210745.jpg
紐で固定されてたんですが、ちょっと持ち上げてみたり。今日は作業もお休みのようです。
  1. 2006/10/27(金) 23:04:59|
  2. 基礎工事

基礎工事#12 - コンクリート打設後(の夜)

昨日は血湧き肉踊るコンクリート打設だったのですが、仕事が休めず見ることが出来ませんでした。非常に残念だったので、帰宅前に見ようと思っていましたが、仕事が遅くなったのと中央線が遅れまくったので結局1時半を過ぎてからになってしまいました。

20061029180358.jpg
でまあ、暗闇の中見てきました。うーん、すっかりコンクリートが入ってます。表面は固まっていましたが、まだ完全に硬化はしてないんでしょうね。上を歩くような事はしませんでした。(したかったけど。)

20061029180406.jpg 20061029180413.jpg
アンカーボルトなんかが顔を出してますね。配筋が入ってた状態とはもう見た目がガラっと変わりますね。

20061029180419.jpg
ちなみにここが袖壁の部分。ここにもコンクリートが入りました。

あまり夜中にフラッシュ炊きまくるのも不審なのでこのくらいにしておきました。この区画街灯が無いから真っ暗なんですが、街灯って誰がつけるんだろう?不動産屋?行政?それとも街灯無し?仕組みが良くわからんなー。今の家の前の私道にすら街灯あるんですが。

明るい太陽の下で全体を早く見てみたいです。
  1. 2006/10/27(金) 09:51:48|
  2. 基礎工事

基礎工事#11 - 電気/水道配管

今朝も現場へ行ってきました。今日はいよいよ基礎へのコンクリート打設が行われると言うことで、非常に立ち会いたかったけど仕事で無理でした。残念。

昨日の検査の後に電気と水道用の配管作業が行われ、配筋の間を縫うように管が通っています。
20061029172307.jpg 20061029172320.jpg
これが電気用の配管。

20061029172329.jpg 20061029172341.jpg
これが水道用。右はトイレの分ですね。

いやあ大したもんだ。良くこんな所に上手く通すもんだ。ちょっと作業を見てましたが、現場でパイプを切断して作っていくんですね。本当に、今更ながら家造りというのは手作りなんだなと実感しています。もう現場に行くたびに実感してます。

20061029172349.jpg
現場ではさらに、基礎屋さん達が配筋にワイヤリングをしてました。フック状の工具でクルクルっと手際よく仕上げていきます。柄の軸が回転するんですね。こんな便利な道具、誰が思いつくんだろう。俺はてっきり手で一つ一つ縛ってるのかと。

この後、生コン車が来てコンクリートの打設が行われます。
  1. 2006/10/26(木) 23:17:35|
  2. 基礎工事

基礎工事#10 - 配筋検査

今日は配筋検査も行われました。

20061029170628.jpg
こんな感じで、鉄筋径、ピッチ、定着長さを山根さんがチェックしてくれました。

結果、以下の項目全てに問題が無く、検査の結果はばっちりOKでした。

・基礎、地中梁の幅/深さ
・鉄筋径
・鉄筋ピッチ
・鉄筋の定着長さ
・フックの長さ
・断熱材の隙間にウレタン充填

この後電気と水道の為の配管作業が始まります。基礎の中にあらかじめ通しておくわけですね。
  1. 2006/10/25(水) 23:23:52|
  2. 基礎工事
«   PREVIOUS    |   HOME   |   

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。