Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LPなのか都市ガスなのか

-2006/02/25

さて、俺が買おうとしている土地ですが、都市ガスを引くって言うことに不動産屋からもらった書類ではなっています。ですが、すぐ敷地の入り口に立っている一戸建てはLP使ってるんですね。モロにボンベが見えますから。

で、俺の親父って建築の仕事ずっとしてるんですが、東京ガスに管路の敷設状況を確認してくれたって言うんですそしたら、俺の買おうとしている土地の周辺には全然都市ガスの管が来てない、って事になった。一番近くの管でもすげー遠いので、ホントに売主がそんなところからガス引くのか?とかそんな話に。

まあそういう何やかやで、もしS山から、「申し訳ない、やっぱりLPでした!」なんて話になったとしたら、「話がちげぇーーじゃねえかよ!」なんて怒鳴ったりせず深呼吸して話を聞いてやろうと思ってた。んで、もしLPになるんだったらオール電化にしようと思ってた。

都市ガスだったらオール電化にしないの?っていう問いに対する答えは、しません。いいところが取り上げられてばかりだけど、家の中に火が無いっていうのはどーにも不自然だと思う。特に、娘に火の怖さを教えてやれないと思う。俺たち夫婦はタバコを吸わないし、花火でもするときしか生活に火が登場しないって事になってしまう。なので、都市ガスだったらオール電化にはしないつもりでいる。たとえオール電化の方がパフォーマンスが高いとしても、フランベするのにわざわざチャッカマン使うなんて興醒めだろう。

そんな中、今日もまた土地を見に行ってみた。もうストーカーですね。種蒔いた植木鉢を毎日見ちゃう子と一緒ですね。さておき、土曜だから作業してないかな、と思って行ってみたんですがちゃんと作業してました。で、ヘタレの俺はまたさりげなく通り過ぎる・・・ 根性無いんです。そのまま帰るんじゃもったいないって思いまして、ちょっと近所を一回りしてから帰ろうと思いました。

で、何気なくすぐ前の道のむこうの家を見てたんですが、どう見ても都市ガスのメーターみたいなのが戸外についてるんですよね。近寄ってみてみるとまさに東京ガスのロゴがばっちり。あれ?都市ガス来てるじゃん?その後その区画を一回りしましたが、殆どの家が都市ガス。ってことは、目の前の道までは管が来てるんじゃないの?

親父の調べた管路ってのは一体なんだったんでしょうね。まあ、俺としては都市ガスが来てるなら言うことないわけですが。まだわかりませんが、多分LPじゃないだろうな、と楽観してます。

  1. 2006/02/25(土) 05:02:03|
  2. 土地

土地造成中

-2006/2/24

今日は不動産屋に行って、S山から色々説明を聞いてきた。その際に、開発の許可が下りた証明書とかの写しとかももらった。おお、ちゃんと話が進んでる。

あまりに放置されすぎていて、しかもそれに慣れすぎてる俺は、何だか未だに現実味が無いんですが、どうやらこのまま進めば3月には土地の契約ができるみたいです。それと平行して建物の話も進めていける。これが正しい進み方なのかはわかりませんが、S山の言うことによると造成が終わった後に測量して分筆する、って言ってたんでその後じゃないと建物の話はできないんですけどね。それにしても、おお、ホントに家建つんだ、って感じ。

ローンも銀行の人と会ってからだいぶ経つけど平気か?って聞いたけど、S山は平気だと太鼓判。ただ、建物の価格が高いからもうちょっと安い方が組みやすいって言うのと、JIOの安心ローンは銀行側に扱った人がいないんで難しいかも、という話をした。いや、そりゃ知らないことをやるのは面倒だってのはわかるけど、それ使わないと払えないんだからやるしか無いじゃん。まあ何とかなるさ。いや、何とかするさ。その為の努力と時間は惜しまないし。まあ色々考えなきゃならないです。

で、不動産屋に行った後に土地を見に行ってきました。
F1000228_1
奥に見える家の手前のスペースが買う予定の土地なんですが、なんだか粗いしアングルも最悪な写真ですね。だって、作業してる人たちが3人いて、そこに入って写真撮ってくる度胸が無かったんですもん。だからこっそり携帯で撮影したってわけで、そりゃ汚い画像になるわ、ってわけです。

中までズカズカ入って行って、何か言われたらこの土地買う者です、って言えばよかったんだろうけどね。何か小汚いかっこしたガキがチャリで見に来てそう言っても信じてもらえないんじゃねえの?っていう面倒くささが先に立っちゃいました。情けねえ。やっぱ服装って大事だね、ホリエモン。

ちなみにこれが10月の時点での写真。
20051013114430_dimagex
ほぼ同じアングルなんですが、水路の辺りとか色々変わってるのがわかりますね。いや、わかり辛いな。まあがんばればわかる。

超大体だけどこれくらいが俺の買う分。
20051013114430_dimagex_1
35坪で写真の奥が北です。ファサードは西向きになるのでは?

今後もちょくちょく様子を覗きに行こうと思います。早朝とか土日かな・・・

  1. 2006/02/24(金) 06:16:18|
  2. 造成

そして物語が始まる・・・のか?

-2006/02/19

S山からは2月頭に以下のような連絡をもらっていた。

「もう役所から許可が出ているので、(造成の)工事もすぐ始まるし図面もすぐ渡す。」

けれどそれから無しのつぶてで2週間あまり。けれど前回S山に電話をしたとき少し口論のようになってしまったため、また揉めると面倒なので電話をする気がしない。なので、散歩がてらまた土地の様子を見に行ってみた。「また」というのは、S山から上述の話を聞いた後に数回見に行ったから。

見に行ってみるとなんと、ちゃんと造成が始まっているじゃないですか。敷地の脇を流れていた水路にはU字溝が埋め込まれているし、道路の工事も始まってる。

正直言って驚きました。なんだかこの数ヶ月、土地を買うっていう話もだんだん不確かになっていっていて、自分の感覚しては今の状態は「いい土地が見つからないかと探している」っていう感じのステータスだったから。S山経由で土地を抑えている、っていうのがどうにも信じられない状態だったから。

そういうわけで、去年末には死ぬほど調べていた家の事とかもかなり忘れてきている自分がいるんです。なので、こりゃふんどしを締めなおさないといけないなと思いました。兜の緒でも可。あー、なんだ俺、やっぱり家建つんだ、建てられるんだ。そう思うとやっぱりワクワクしてきました。

今はまだ造成が始まったばかりですが、3月には渡せるっていうS山の=売主の台詞もどうやら本当だったみたいです。S山は言われるがままに何も考えずに言っているであろうから、どーも疑っていましたがこうやって工事が始まってみるとホント一安心。造成が終わって契約して、とトントン拍子で進んで欲しいもんです。

でさ、ちゃんとした図面はどうなった?まだもらってないんだけど。こりゃ催促しないとだめですね。それが無いと上物の話はなーんもできません。でも、それさえそろえばやっと難波さんに話を持っていけそうです。嬉しい。しかし、図面にしろやっぱいい加減だ・・・こっちがしっかりしないとと再再再再々認識。

  1. 2006/02/20(月) 04:29:45|
  2. 土地
   |   HOME   |   

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。