Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土地引渡し日

またもやあっさり1週間経過。さあもう5月もおしまいです。また6月になったら金利上がっちゃうのかな。

本当なら今日が土地の引渡し日でした。ですが、まだローンも組めていない状態なので当然土地の引渡しもまだです。と言っても、ローンの所為だけじゃなくて土地の方も位置指定道路の許可がまだ下りていなかったりと予定を大幅に遅れています。

結果的にはローンの所為って売主に言われる事も無いので痛み分けと言った感じです。つい数日前に山梨中央銀行から、俺の前職や妻の両親がどこに住んでいるかの照会がありました。三井住友はそんな事聞いてこなくてもOK出てるわけで、地方銀行ってのは細かいサービスを提供する代わりにこんな細かい情報まで必要とするんですかね。もうほんの数日中に山梨中央銀行の結果が出るはずなので、そうなればもう土地の完成を待つだけです。引渡しまでに位置指定道路と北側の土留めが終わるはずなのですが、さっさとやってくれないかな。

そんなわけでまた停滞してますが、とにかく銀行の答えを待っている状態です。
  1. 2006/05/31(水) 23:29:38|
  2. 土地

ローン内定

あっという間に1週間がたちました。今日三井住友の担当者が電話があり、ローンの内定が下りましたと聞かされました。はあ、内定ね。

その後とりあえずS山に連絡しました。内容を告げると、

「内定が出るなんてあたりまえでわかり切ってるんすよ。三井住友はOKするに決まってるの。でもね、建物の事があるでしょ。キョウヘイさんの希望を叶える為に、俺が全部良いようにするから任せといてよ。」

と言っていました。

日本語に訳すと、仮審査とかでOKもらってる通り、内定は出るのはわかってたと。建物の中間金の事があるから三井住友でOK出ても仕方なく、山梨中央銀行の結果待ちですよ、って言う事ですね。この結果も一両日中に出るでしょう。

それと、明日がローン特約の期限なんだけど平気なの?って訪ねましたが、「平気平気」と言ってました。平気ならいいんだけどよ、ご破算にさえならなきゃいいんだけどよ。でもそれじゃあ契約書って一体なんなのとも思うぜ。まあ、成り行きに任せる事とします。位置指定道路も引渡しまでたったの1週間の今になっても完成していないので、どっちにしろ契約書どおりには行かない事に変わりは無さそうです。

もう一行の審査待ちという状態。早くローン関係終わらせたいなー。
  1. 2006/05/24(水) 20:27:21|
  2. ローン/資金計画

分割融資?

昨日三井住友の担当者と話している最中に、S山が素早くこっそり何かを渡してきました。すぐにカバンにしまいましたが、どうやら別の銀行のローン審査申込書のようです。さすが海千山千、他の銀行の担当者の前でこの手際の良さ。

三井住友の担当者が帰った後に話を聞くと、山梨中央銀行にも申し込んでみようという話でした。山梨中央って、いかに俺が山梨に近い所に住んでるかって感じで何だか切ないですな。でも、S山に聞いてみると山梨中央ならつなぎが受けられるっぽいという話なんです。

昨日も書きましたが、どうせなら三井住友が金利も安いし、大手だし、繰上げ返済無料とか色々サービスが行き届いているしでいいと思っています。ですが、今はローンを組んでからの事を考えている場合じゃないというのもひとつの現実です。だって、つなぎが受けられないという事は俺が建てたい家が建たないという事とイコールかもしれないんです。なりふり構っていられないんですね。

というわけで、早速申込書を書いて提出しました。問題としては、山梨中央銀行の住宅ローンの利用可能金額よりも俺たちの融資希望額が少し超えている事があります。ですが、ほんの少しなので何とかなりそうな気がしてます。夫婦で組むローンなので、その枠は2倍になるんじゃないの?って思いますけどね。とりあえず審査の結果待ちです。

山梨中央銀行のWebを見てみると、ばっちりつなぎ融資について書いてありました。


分割融資

以下の条件により分割融資(※1)を取扱うことができます。

1.当初融資時点の金利形態
当初固定金利(期間3、5、10年)を選択する場合

2.分割融資の期間
1年以内

3.分割融資の金額および融資実行予定日
原則として、建築工事請負契約に定める支払契約内容にもとづき、お客さまと施行業者間で打合せのうえ、各分割融資の金額および融資実行予定日をお決めいただきます。

4.分割融資期間中の返済および利息のお支払
元金の返済を据置き、利息のみお支払いいただきます。

※1 お客さまの資金の必要時期に合わせて分割して融資を行う方法です。建築工事請負契約の場合、工事の進捗に応じ工事業者とあらかじめ取決めた支払時期に、必要額を分割して資金が交付されます。

(山梨中央銀行 自由設計型住宅ローン 商品の概要より)



え、何?これって常識?そういえば誰かも分割融資って言ってた気がする。あちゃー、いかに俺が何にも調べてないかってのがバレバレですね。しかし、大手がやらないような事を地方銀行はサービスとして打ち出して頑張っているんだなぁと感心しました。だってこの「分割融資」って、そのものまんま俺が求めているつなぎ融資のことじゃないですか。

しかも、S山が顔が利くのか売主が山梨中央銀行に顔が利くのかどっちかで、店頭でやっているキャンペーンよりも金利が優遇されるって事です。35年固定も惜しい気もしますが、こっちで審査が通るなら何とかローンのハードルは越せるんじゃないかと。

もしこれでOKとなると、三井住友は客を逃す事になりますよね。そりゃ何億も借りるわけじゃないんで小さな客なんでしょうが、みすみす見逃すんですかね。見逃すんでしょうね。「そんならつなぎしますよ!」って言い出せばかわいいですが、大手だからそりゃ無いんでしょうねぇ。
  1. 2006/05/17(水) 23:56:45|
  2. ローン/資金計画

ローン特約の期限が・・・

三井住友の人との打ち合わせの中、銀行の担当者がこう言いました。

「審査が終わるのに最短で6日かかりますので、融資が受けられるのは土日を挟むので9日後になります。」

それを受けてS山、

「ああ、なら間に合うな。」

銀行の担当者が契約書を見てある事に気づきました。

「これ、地番は確定して無いんですか?」

「ああ、位置指定の許可が下りてから合筆して分筆するんだよ。それが26日くらいかな?」

「地番が決まってちゃんと登記されてからじゃないと融資は出来ませんよ。」

「・・・・・」

ありゃ?それじゃあローン特約の期限越えちゃうじゃん。

まあこの場合は、融資が受けられないのは売主の責任なのでこれで話がご破算になるという事は無いと思います。でも、契約書はこのままでいいんだろうか。それにこれじゃあ31日に引渡しってのもずれ込むよね。まあ、何とかなるだろ。
  1. 2006/05/16(火) 23:40:29|
  2. ローン/資金計画

本審査申し込み

ローン特約の期限も迫っているので、住宅ローンの本審査の申し込みをしました。あれ?本審査でいいんだよな?

その前に一度、つなぎ融資について銀行の担当に直接会って聞く事にしました。S山からはつなぎは無理だと聞いてはいるのですが、やっぱり自分で確認しないと納得できないと言うわけです。

ここまで住宅ローンの話を進めてきたのは三井住友銀行です。その三井住友の八王子ローンプラザで組もうとしているのですが、結論から言うと「住宅ローン」という枠組みの中ではつなぎ融資という概念は無い、つまりそのローンプラザでは住宅ローンしか扱っていないので、つなぎ融資という事は行っていないし、これまでにも行った事は無い、とバッサリ切られてしまいました。

けんもほろろとはこの事ですな。取り付く島が無いともこの事です。とにかく、うちじゃあやってないしやらないの一点張り。おいおい、じゃあお前のところで借りねえよ?貸したいんじゃ無いのかなぁ。「システムですから。」だって。うーん、やっぱりダメか?しかしこのローンプラザってのも融通が利かないな。

三井住友は35年固定金利もかなり低いので、住宅ローンを組む銀行としては理想的なのですが、現状のプライオリティは金利よりもつなぎ融資=中間金の支払いです。だったらもっと多角的にいろんな銀行を当たればいいじゃん、って思うでしょ?でもね、妻が1年育児休暇を取ってたから去年の年収が6万円なんですよ。三井住友には去年の秋から話をしているので、16年分の年収で審査してくれるって話になってるんです。他の銀行がどこでもこの対応をしてくれるかどうかわからないので、他を当たるのに億劫になってるんですね。

つなぎがダメって時点で結構お先真っ暗なんですが、もう1つ問題がありました。俺たち夫婦の世帯収入ではマンションが2つ買える位の額の融資が受けられます。なので、今回の土地と建物の総額を見るだけなら余裕で借りられる額です。融資を受けるには担保が必要で、それぞれのローンに土地と建物が担保になります。俺が契約した土地は隣地がもっと高い値段で売り出されていると言うこともあって、土地の金額に対して100%(実際は100%以上)融資が受けられる事になっています。ですが、銀行には木造だと坪あたり60万くらいしか融資できないという基準があると言う話で、建物に対して概算見積もりの通りの額が融資できるかどうかは厳しそうだというのです。

箱の家のコンセプトや難波さんがどういう方かを説明し、「一概に木造だから60万」といった考え方ではないという事を伝えました。ですが、担当者の言う事ももっとでこういうものでした。

「私の意見ではなく、システムなんです。ある程度の基準は必要なんです。それに、一軒一軒全部の建物の仕様を調べてそれに見合った額融資をすると言うのは現実的に不可能なので、やはり基準が必要になるのです。それが木造だと坪60万なのです。」

なるほど。理屈は確かにそうだ。でも俺には便宜を図れよと言いたい。もちろんそれでも、坪60万じゃなくて見積もりの通り融資を受けられるようお願いし、審査をしてもらう事になりました。

というわけで、目下問題は以下の2つです。中間金をどうやって払うかと、建物に対する融資額がどうなるかです。つなぎは他の銀行を当たってみようとも思います。何か担保があれば何とかなるかもわかりませんが、残念ながらそんなもの無いんですよね。それと、設計管理費は何とか現金で出せない事も無いのでもしかするとそうなるのかも。
  1. 2006/05/16(火) 22:16:08|
  2. ローン/資金計画

第1回プレゼンテーション

界工作舎の扉を叩いてから7ヶ月、いよいよこの日がやってきました。第1回のプレゼンです。どんな「箱の家」が俺たちのために用意されているんだろうと、逸る気持ちを抑えながら小雨の裏原を夫婦で界工作舎まで歩きました。

界工作舎では難波さんと山根さんが迎えてくれました。早速プレゼンテーションが開始となり、俺たちの前に模型が置かれました。ジャジャ~ン!
20060514220726.jpg
シンプルな箱型の3階建てで、南側に大きくスペースを取り車が2台駐車できるようになっています。そんな事は無いだろう、と思いながらも先日見学をさせていただいた箱の家104とまるっきり同じだったりしたら嫌だなとか思っていました。ですが、そんな事はあるわけも無く、俺たちの条件と俺たちの敷地に合わせた俺たちの箱の家でした。こうやって模型を見るとかなり感動します。夫婦して無言で見入っちゃいました。

その後、設計要旨と平面図、立面図、断面図が手渡され説明を受けました。
20060514220814.jpg
設計要旨にある設計の基本方針は以下のようになっています。

設計の基本方針

1) コンパクトな矩形の「箱」で、真南に大きく開き、水回りをシンプルにまとめました。
2) テラスひと繋がりに使える1階の土間空間。2、3階で一室空間的住居を確保する。
3) 単純な集成材軸組構造によって耐震性を高め、軽快で開放的な住まいをつくる。
4) 「箱の家」の標準仕様である、深い庇とデッキテラスにより日照と通風を制御。
5) 基礎も含めた完全な外断熱+高気密サッシ、メンテナンスフリーを確保する。


俺の究極の贅沢スペースである土間が1Fに大きく置かれ、寝室も1Fに配置されています。そして、2、3Fはいわゆる箱の家の一室空間です。土地を見つけてから何箇所かでプランを作ってもらいましたが、設計要旨なんての貰ったのは初めてです。ちゃんとしてるなぁといちいち感心してしまいます。

断面図には夏至南中時の日差しと冬至南中時の日差しも書かれていて、深い庇により夏の日差しが室内に入り込まないという事が良くわかりました。これも目からウロコで、日差しと窓と庇の関係をこうやってわかりやすく説明してもらった事はありませんでした。ここでもまた感心。

第1案では予算的にギリギリになってしまうという事で、第2案も提案していただきました。こちらは土間をバッサリ切り捨てた2階建てで、ぐっとコンパクトです。いかにも箱の家という感じで、ぎゅっと詰まっている分楽しそうな家だなと思いました。ですが、俺たち夫婦はやっぱり第1案の方が気に入りました。

難波さんと山根さんに、第1案の方が良いと伝えました。それを受けて難波さんが言いました。「木造2階建ての箱の家ではスタンダードといえるスタイルを確立しているが、木造3階建てではそういった例が無い。なので界工作舎としても3階建ての第1案の方エキサイティングだし挑戦したい。」これを聞いて、俺たちもやっぱり第1案を選んで正解だと思いました。

俺たちは箱の家のコンセプトやデザインが気に入ってここで建てようと決めました。なので難波さん達からの提案に期待している部分が強いのです。今回の第1案もすんなり受け入れる事が出来たのですが、そこで少し俺は思いました。あっさり受け入れすぎで、主体性が無いんじゃないの?って。でも、それは主体性が無いわけじゃなくて、上述のように元から気に入って来てるからなんだけど。それを難波さんに質問してみると、「ハウスメーカーや色々な建築家がいるのに箱の家を選んでいる時点で、十分主体的だと思う。それに、中々案が受け入れられずに第3案や第4案まで作るケースもあるが、そういう場合は話が無しになるケースが多い。」と答えてくれました。これを聞いて、俺たち夫婦は凄く安心しました。

一通りの説明を聞き、俺たちの希望が第1案である事を明確にし、その後の雑談を経てプレゼンは終りました。この後は第1案の概算見積もりを作成してもらい、それを元に銀行と融資の話を進める事になります。工事費+消費税の分しか融資が受けられない可能性があります。その場合でも、死ぬ気で現金をかき集めれば設計監理料を捻出できるんじゃないかと少し楽観しています。もちろん目処が付きそうだからですが。

とにかく、模型と図面を持って銀行の担当者になんとかつなぎが受けられるように、希望額が融資してもらえるようにするのが目下最大の課題です。絶対やり遂げねば。
  1. 2006/05/13(土) 22:04:58|
  2. 建物

担当者

そうそう、S山と界工作舎に伺った時の帰り際に、難波さんから俺たちの「箱の家120」を担当してくださる方を紹介されました。山根さんという女性です。

実は山根さんとは箱の家109のオープンハウスでお会いしたことがあり、その時いくつか質問させていただいたりしました。その話をすると、どうやら俺の事を覚えてくださっていたようでちょっと嬉しかったです。まさかコイツがクライアントになるとはな、と思われてたりして。

担当ってどういうイメージなんでしょうか。大まかな事は難波さんが決めて、それに対しての実働部隊というイメージかな?つまり、俺にとってのフロントエンドが山根さんという事になるんでしょうか。どうか竣工までよろしくお願いします。
  1. 2006/05/13(土) 01:38:43|
  2. 建物

造成進捗#9

連休も終わったので、何か動きがあるかと思いまた土地を見てきました。

行って見ると、手前の道路が通行止めになっています。何だか工事をしているようです。高所作業車も来てます。どうやら電線を張ってるようです。工事してる人達に「なんだこいつ?」と思われながら中に入って見てきました。

件の敷地内の電柱に、今まさに電線が。
F1000012.jpg
昨日の今日で電線が張られるとは思いませんでした。

昨日の話のとおり、俺達の敷地の電柱にトランスは置かれませんでした。が、手前の電柱にはごらんの通り。
F1000013.jpg
未来のお隣さん、うるさくないトランスならいいですね。
  1. 2006/05/11(木) 18:51:49|
  2. 造成

電柱結論

今日東京電力の担当者から約束どおり連絡が入りました。何でも、新しい電柱でまだ手元の図面に無く、どの電柱だか特定できないとの事。地図上に目印をつけてメールしました。その後、確認が出来たと連絡があり、詳細を話しました。

結論から言うと、電柱の移設は出来ませんでした。

道路上に動かす事の出来ない一番の理由として挙げられたのが、敷地の前の位置指定道路を行く行くは八王子市に移管して市道にする計画がある、という事でした。道路上に電柱がある場合には八王子市が市道としての移管を認めないという事なのです。なので、そこまで見越して敷地の中に立てたということでした。それでもなるべく邪魔にならない一番隅にはしたらしいですが。

市道になると何が良いって、メンテなんかは市持ちになるわけですよね。それだけ聞いても私道で持っているよりは良く思える。

それを聞いてしまうと、うーん仕方ないなっていう気持ちになりました。もちろん、「幾つもある敷地の中でどうして俺の敷地なの?どうせなら他の敷地にして欲しいよ。」というのは人情としてありますが、電柱ってのはインフラなので仕方ないといえば仕方ない。それに、周囲の電柱との兼ねあいで、電線の張り方が決まってくるのである程度立てる場所が限定されてしまうという事でした。だから、単に向かいの敷地に移してそれでOKって言う話ではないという事でした。

これ以上ギャアギャア言っても仕方が無いので、この話はこれで終わりです。移動させようとしてみただけまあマシでした。何にもしないで後で悔やむよりよほどスッキリした。もちろんそれでも、どうして俺の敷地かなぁ?ってのはありますけどね。

念の為、俺の敷地に立つ電柱にトランス乗せる予定があるかどうかは確認しました。そういう予定は無いということで一安心。新しいトランスではそんな事は無いって東電の担当者は言っていましたが、それが古くなってうるさくならないとは言い切れないので。それと、電柱が敷地内にあることで何か考えられる問題は無いか?とも聞いておきました。特にそういうことは無い(もちろん、土地を提供するっていう問題以外で)はずという事でした。

さて、電柱を敷地内に立てておくと、年間3,000円くらいもらえるらしいです。3年に1度承諾書が送られてくるらしいです。そして、そのタイミングで3年分が貰えるらしいです。約1万円。わあい、大儲けだ。

俺んちの電柱から電線引っ張る未来のご近所さん達には、感謝の気持ちを持って欲しいもんですわ。ホント。

ちなみに、黄色いパイプのワイヤーが付いてる電柱ってのは末端の電柱らしいです。それ聞いてなるほどって思いました。つまり、電柱ってただ立ってるだけじゃなくて、電線の張力のバランス取ってるんだな。なので、末端の電柱はあのワイヤーで片側を引っ張ってやる必要があると。なるほどねぇ。
  1. 2006/05/10(水) 22:02:43|
  2. 電柱問題

建設資金の融資について打ち合わせ

建設資金の融資についての打ち合わせをしに、今日はS山と一緒に界工作舎へ行って来ました。

前回お伺いしたときは仮の事務所でしたが、今回は新しい事務所にお邪魔しました。バウンティーの前を抜けた奥に界工作舎はありました。モロ裏原。建物は「箱の家112」としてサイトで見ていたのですぐに見つかりました。中庭があるおオシャレな建物です。

箱の家を建てるにあたり、工務店への中間金をどうやって支払うかが問題になってきます。銀行は完成した建物を担保として融資を行うので、中間金を払うには自己資金が潤沢であるか、若しくはつなぎ融資をしてもらうかどちらかでないと家が建てられません。これが、建売やマンションを買うときとの大変大きな違いです。一般的に自己資金が潤沢でないと注文住宅は建てられないと言われているのもこのためです。

難波さんの話でも、過去の箱の家の例でもこういったケースではやはりつなぎ融資で対応しているそうです。ですが、S山は銀行からつなぎ融資を受けるのはほぼ100%不可能だと頭ごなしです。絶対無理と言って譲りません。

それじゃあ建てられないじゃん、終了となってしまいますね。ここでもう1つだけ建てられる方法があります。それは、中間金を払わずに完成時の支払いだけで建ててくれるような工務店を使うという方法です。こうなると、工事中の費用は工務店が全て立て替えるわけで、資金に余裕のある工務店でいて、さらにこちらに対して信用が無いとまず無理でしょう。まあ、工務店に甘えた虫のいい話ではあります。

さて、S山はつなぎ融資が不可能と言います。それじゃあ八方塞なのですが、そこで上記の説明が活きてきます。つまり、S山が懇意にしている工務店(仮にT工務店とします)なら、最初に50万や100万払えば残りは完成時支払いでも建てられると言うのです。さらに、そこでなら坪単価55万くらいで建つと豪語します。「坪単価」については色々言いたい事がありますが、とにかく安く建てられると自信満々。

もちろん、T工務店(土地の売主なんですけどね)で建てられれば最高です。ですが、箱の家では良くSE工法が使われています。このSE工法ってのはNCNという会社の特許であり、登録しているビルダーしかこれを使う事は出来ません。つまり、ここで問題なのはT工務店がSE工法登録施工店なのかどうか。建ててる家とか見ると、まあ登録して無いだろうなという感じ。

難波さんの話によると、SE工法で建てなくてもキチンと構造計算をすれば問題ないし、SE工法を使わないからといって「箱の家」じゃなくなるわけでも無いそうです。当初は2階建てにもSE工法を採用していたけれど、今は2階建てにはオーバースペックなので使っていないとの事でした。

俺たちの家は3階建てになりそうなので、問題が無ければSE工法で建てる事になるはずです。なので、出来る事ならばTではなくて、SE工法で施工可能な工務店で建てたい。俺としては、本来だったら選択するであろう工法の方が良かろうと思ってしまうのは当然です。

じゃあ、どうするんだよって事になって、やっぱりつなぎ融資をしてもらうしか無いわけです。T工務店で建てるかどうかは本当につなぎが絶対にダメとなった時の最終手段としてだけ使いたい。S山から聞くだけじゃなく、キチンと銀行の担当者につなぎ融資をしてもらえないか話す必要があるわけです。

13日に第1回のプレゼンがありますが、その時点で平面図と概算見積もりがもらえるはずです。それを銀行の担当者に見せる際に、模型や難波さんの著書なども見せて、キチンと家を建てることを信用してもらうよう動いてみようと思います。要するに、銀行としては金だけ借りられて家を建てないというケースが嫌なわけで、色々な手段を駆使して確実に家を立てるという事を信じてもらえれば何とかなるのでは無いかと思っています。また、説明が必要な場合には難波さんが銀行の担当者に会ってくれるとも言ってくれているので心強いです。

素人考えなんですが、銀行だって商売なんだから貸せないより貸した方がいいはずですよね。例えば今回の俺のケースだって、つなぎ融資がダメになったら土地のローンすら組まないで全部白紙になる可能性だってあるわけです。それだったら、つなぎ融資の分の利息だって払うわけで、銀行には損は無いんだし、何とか原則を曲げてつなぎをしてくれた方がトータルでは明らかに得だと思うんですけどね。こういう単純な事がわかってもらえないのが不思議でもあります。

というわけで、打ち合わせは終了しました。はっきりした問題点はやはりつなぎ融資。これが今後の最大の難関ですね。何とかクリアしたい。

T工務店で建てるのに抵抗があるのにはもう少し理由があるのですが、これはまだ疑念の域を出ていないので書かないでおきます。
  1. 2006/05/10(水) 15:36:57|
  2. ローン/資金計画

0.24%

連休があったりで、すっかりチェックするの忘れてましたが、SMBCの35年固定の住宅ローン金利が、2.98%から3.22%になってます。0.24%も上がっとりますぞ。

日銀の金利は上がってないのになぁ。もう今後上がって行くばっかりだって事ですよね、これ。土地のローンは5月中に組む事になってますが、建物のローン組む1年後くらいにはどんな金利になってるのでしょうか。まさかさらに下がってたりしてな。上昇傾向にありますが、こればっかりはわからんですよね。
  1. 2006/05/10(水) 13:01:06|
  2. ローン/資金計画

電柱の移動について問い合わせ

ネットで色々調べていたら、電線が張られてしまってから電柱を移動すると結構なコストがかかる事を知りました。場合によっては電力会社が全額負担してくれる事もあるみたいだけど、こればっかりはどうなるかわからない。

敷地の中に電柱を立ててる(立てさせてくれてる)家って言うのは、微々たる額が電力会社から貰えますが、もうボランティアですね。近所の家が電気を使えるのはその家のおかげなんですよね。一戸に一本電柱があるわけじゃないですもんね。でも、誰にも感謝なんかされないし、誰もそんな事意識すらしてない。もちろん俺も今までそんな事を考えた事も無かった。

しかも、敷地を負担しているのにも関わらず、いざ移動しようとしたりすれば近隣と揉めたり、電力会社に何十万もかかると言われたり、悲惨なケースが多々見つかりました。こう言っちゃなんですが、ここまで報われないボランティアも無い。それだったら、自分の敷地の中に電柱なんて立てたく無いってのが人情です。

というわけで、S山なんて待ってられないので直接東京電力に電話しました。電線が張られてからじゃ明らかに話がややこしくなるわけで、せっかちな俺は待てませんでした。住所や電柱の番号を伝えて、電線が無いうちに移動してもらえないかを告げました。もちろん、すぐに移動できるできないを答えていただけるわけも無く、明日担当者から折り返し連絡が来る事になりました。

いやー、絶対移動させたいっす。あと50cm西に移動してくれて私道部分に出てさえくれれば、言う事なし。実際設計に影響は無い電柱かもしれませんが、敷地に無いに越した事ありませんもの。
  1. 2006/05/09(火) 16:03:37|
  2. 電柱問題

またまたローンについて

今日は連休明けという事で、S山の言っている事に間違いが無いかどうかを銀行の担当者に電話して確認しました。ちなみに銀行はSMBCです。一通りの挨拶を済ませて、本題の質問に入りました。

「土地のローンを組む際に建物のローンも組んでしまわないと、建物に対して融資できる割合が減ったりするのですか?」

「割合が減ると言うよりですね、土地のローンを組む際にどんな建物を建てるのかを把握できないと銀行は融資ができません。土地だけ買って建物建てないようでは困りますので。」

「なるほど。建築家に依頼するため、現時点ではまだ工事業者が決まってません。なので請負契約書を提出する事が出来ないのですが、大丈夫ですか?」

「土地のローンと一緒にすると言っても、建物の方は仮の申し込み程度でローンの実行は2段階になります。なので、概算見積もりと平面図があればとりあえずはOKです。」

「S山さんからは契約書と聞いているのですが、概算見積もりと平面図でいいんですね?もちろん契約書があればそれに越した事は無いのはわかりますが。」

「もちろん、平面図から大幅に変わるようでは困りますが、大体どんな建物を建てるのかが把握できれば問題ないです。」

「繰り返しになりますが、契約書は無くても平気なんですね?」

概算見積もりと平面図があればOKです。

こんな感じでした。土地だけ先にローン組んで、後から建物のローンを組むってのは出来ないという話でした。それは100%融資かどうかに関わらず。

なんだー。S山ってばやっぱり極端に言いすぎじゃないか。急いで契約する必要なんて何にも無いじゃないか。13日に1回目のプレゼンがあるわけで、平面図と概算見積もりなら無理して急いでもらわなくても提出できそうです。

結局、土地のローン組むときには概算見積もりと平面図が必要っていう当たり前の事しか銀行からは求められていなかったようです。10日にS山と界工作舎に行くのですが、必要なものがもうわかったので良かったです。無論S山が契約書が必要と言っても、直接銀行に確認したのでそれは俺が否定しようと思います。頼むよS山さーん。
  1. 2006/05/08(月) 23:53:20|
  2. ローン/資金計画

さらにローンについて

電柱の件で電話したので、ついでにどうして土地のローンと建物のローンを一緒に組まないといけないのかも聞いてみました。

「あのー、土地のローンを先に組んでおいて、建物の詳細が決まったら建物のローンを組むわけにはいかないんですかね?」

「いや、別にそれでもいいですよ。出来ますよ。でもそうすると建物に100%融資は受けられないかもしれないですよ。」

だそうです。俺は土地も建物もほぼ100%融資を受ける気まんまんなので、その場合には土地と建物のローンを一緒に組まないと銀行側がOKしないという話でした。つまり、土地のローンを組んでから再度建物のローンを組もうとすると、建物の100%分融資を受ける事が難しくなるらしい。

なるほど、それが本当なら謎が解けた。何でもS山が言うには、土地だけ買って転売されても銀行としては不愉快なので、そういう場合には銀行は100%の融資はせず、ある程度の頭金を払わないと融資が受けられないんだそうです。まあ、説得力の無い話じゃないですね。なんせ100%融資受けようとしてますから俺。なんせ100%だからね。

もしそうであるなら、やはり工事契約書の無い状態で銀行をOKさせる方法を取らないといけない事になりますね。S山が最初に言った通り。なので、過去事例とかも含めてそれを確認するために10日に界工作舎に行く必要があると。

まあ結局、「本当に銀行がそう言っているのか?」っていう話になると、銀行の担当者に直接聞くしか無い。それに聞かないでいるのもすっきりしない。というわけで、やっぱり連休が明けたら銀行の担当者に連絡して、別々にローンを組むと100%融資が受けられなくなるのかどうかは確認します。

自分で確認するのはもちろん重要なのですが、このところの展開だとS山ある程度ちゃんと対応してくれてるので、ちょっと疑いすぎかな?とも思っちゃって複雑な心境。任せるのか任せないのかどっちなんだ俺、と。
  1. 2006/05/05(金) 20:37:29|
  2. ローン/資金計画

電柱と土留め

電柱と土留めの件で連休中ですがS山に連絡をして確認しました。

・電柱について

「ある程度仕方ない」と言っていましたが、前面道路に出しても通行の邪魔になるような敷地ではないと言う点を伝え、売主に伝えてもらう事になりました。

・土留めについて

これはちゃんと引渡しまでに北辺にも土留めを行うと確認しました。

何か電柱の方は「面倒な事言うなよ」的な感触だったなー。確かに電柱は仕方ないのはわかるけど、買う側としては敷地の中に無い方が良いに決まってるんでそこはわかって欲しいな。売主がどういう反応をするか(若しくはS山が本当に伝えるかどうか)わかりませんが、もし売主が動いてくれない場合は自分で直接東電に移動を頼もうと思います。電線が張られるまでにやんないとなー。
  1. 2006/05/05(金) 19:42:00|
  2. 土地

やっぱ電柱邪魔だよね

以前のエントリにも書きましたが、今日確認したところ、どう見ても電柱が俺の買う土地の敷地内に立っています。また赤枠が範囲。
PICT0005.jpg
どう考えても、目の前に出来る予定の位置指定道路に立てても通行の邪魔になるような場所じゃない。なのに敷地の中に立ってる。これは邪魔臭い。

父親の話によると、電線が張られてからでは移動が大変になるので、移動してもらうなら今のうちという事です。確かに電線があったら面倒っぽい。連休が明けたらS山を通して売主にこの話をしてもらおうと思います。俺→S山→売主→東電とすげえ面倒なパスを通るのが何か嫌ですが、まだ土地の権利は俺に無いので仕方ないっちゃ仕方ないですな。

PICT0003.jpg
なんかここに識別子みたいなのが書いてあるので、東電に連絡してこの電柱動かして!って言いたいですわ。何にも考えないで電柱立ててるのがありありとわかるなー。ひでえ仕事。

それと、電柱とは関係ないけど北辺の土留めがまだ作られていない点も引渡しまでにはキチンと完成するかどうかも確認して念押ししないとな。
  1. 2006/05/05(金) 00:52:53|
  2. 電柱問題

ローンについての思い込み

いつの間にか大きな思い違いをしてました。25日が土地のローン特約の有効期限なんですが、土地のローンを組むと同時に建物のローンも組まないといけないといつの間にか思い込んでました。思い込まされてました。今日両親と話してそういやどうして先に土地のローンだけ組まないんだ?と当たり前の事に気づかされされました。

このエントリで「土地と建物のローンを一緒に組まないとならないため」なんて言ってます。これは、同じタイミングで組まないとダメという意味です。どうしてこんな話になったのかと考えてみると、単に俺がウンコだからです。S山にそう言われたから深く考えずにそうなのか、と思ってました。ホントにアホだなぁ俺。すげえアホ。

こう思い込んでたもんだから、25日までに難波さんの界工作舎とも契約をしないとダメなものだとばっかり思って凄く焦ってました。ローンを組むときに工事契約書とかを提出するわけですが、今の段階では工事業者が決まっていないのでそんなもの提出出来るわけがありません。なので、銀行が認めるかはわかりませんが、少なくとも建物を建てる意思がある証として界工作舎との設計管理契約書は提出しなければならないのかと思ってました。

これって、多分S山が建売しか扱った事無いからなのか、ローンを1回で終わらせた方が楽だからのどっちかだと思います。普通に考えれば、まず土地のローンを組んでおいて、工事業者が決まってから建物のローンを組めばいいんですが、思い込んでた(思い込まされてたw)俺はアホな事に全くそれに気づきませんでした。

ホントに俺はアホだなぁ。難波さんにも25日までに契約出来るでしょうか?とか聞いちゃいましたし、アホが一人で取り乱して引っ掻き回した形になってしまってます。スゲエ恥ずかしくて猛省してます。とにかく、連休が明けたらすぐ銀行の担当者に連絡をして、土地のローンだけ先に組め無いのか?と確認し、そうであれば土地のローンだけ先に組みたいと伝えようと思います。

土地のローンを先に組む、っていう当たり前の事さえ出来れば、建物のローンは工事業者が決まってから組めばOKなわけで、こっちの方が進み方としては全然自然なわけです。きっと難波さんもこいつ何言ってんだ?って思っただろうな。ああ恥ずかしい。

うーん、でもそうなると土地のローンが終わり次第S山の出番は無くなるって事だな。そりゃいいわ。しっかし俺もしっかりしないとダメだなー。S山の言う事に何の疑問も持ってなかった。両親から言われて、最初はそれでもS山に従ってやった方が穏便だしとか思ったけど、今になって冷静に考えるとやっぱ変だ。
  1. 2006/05/04(木) 23:56:41|
  2. ローン/資金計画

造成進捗#8

土地の引渡し日も決まり、後は連休明けに位置指定道路の工事を待つばかりなのですが、今日もまた見に行ってきました。

入ってみると、盛り土がブロック塀まで盛られています。
(久しぶりに、赤い範囲が俺の買う土地)
20060502122755_F700i.jpg
中まで入ってみるとこんな感じ。案外広い。
20060502122423_F700i.jpg
こうして見ると、西側の大きな間口にファサードを持ってきた方が映えるんじゃないかなと思えます。難波さんはどんな案を作ってくれているのでしょうか。13日に第1回のプレゼンが予定されているのでその時にわかりますが、非常に楽しみです。

これで、後は道路が繋がるのを待つだけか、と思ったのですが、気になる点を見つけてしまいました。

それはこの部分。
20060502122507_F700i.jpg
北東の隅の部分なのですが、隣家の物置との角までブロック塀がありません。盛り土もその辺りだけされていません。これじゃあ角から土がこぼれませんか?

20060502122543_F700i.jpg
と言うか、さらに後ろに下がってみると北辺は全然盛り土がされていない。

でも確かに隣家の塀まで盛り土をして地面のレベルを合わせるってのは、素人が考えても何だかおかしい気がする。この辺りの処理はどうなるのだろう。これで終わり?良くわからないのですが、基礎を作るときに自分でやれと言う事でしょうか?完全に造成が終わった状態で引渡しと言う約束なので、この点は10日にS山と会うので確認しないといけないです。
  1. 2006/05/02(火) 16:09:08|
  2. 造成

どうして家を建てるのかQ&A

どうして俺は家を建てるんでしょうか。周りを見回してみても、マンションを買った奴はいても家を建てたってのはいません。建てると決めてからもう1年近く経っていて当たり前になっているこの事を、ちょっともう一度自問自答してみます。

Q. どうして家を建てたいの?

A. 欲しいから。家賃をこれ以上払いたくないから。マンションが嫌だから。

Q. どうして家賃を払いたくないの?

A. 死に金だから。引っ越したら何も残らないから。

Q. 建てたら引っ越したいときにも引っ越せなくならない?

A. 賃貸だって引っ越したいときにすぐ引っ越せるわけじゃない。それにそういう事言うやつに限って大して引っ越さない。

Q. どうして家賃を払いたくないと建てる事になるの?

A. 同じくらい払うなら住宅ローン払った方が全然いいから。最後は自分の物として残るし。例え価値がゼロだとしても残るだけ賃貸よりいい。

Q. マンションはどうして嫌なの?

A. 一生に一度しか買えないなら、窮屈なマンションよりも戸建てでしょ。

Q. でも都内だったら戸建てよりマンションの方が便利だし、値段的にも現実的じゃない?

A. 幸い新宿から1時間の郊外に住んでるので、戸建ても選択肢に入れられます。

Q. 土地探したり大変だよね?

A. 一世一代の買い物しようとしてるんだから、大変で当たり前。

Q. どうしてこのタイミングで建てるの?

A. 幸いな事に、ローンが組めてしまうから。変な言い方だけど、建ててしまえるから今建てる。それにどうせ35年ローン組むなら若いときに組んだ方がいいと思うし。20代で家が建ったら結構嬉しいし。

Q. 住宅ローン組めるの?

A. 勤続4年なんで組めるけど、俺の年収だけじゃ融資額が少し足りない。だから妻と二人で組む事にしてる。

Q. 住宅ローン払えるの?

A. 今の家賃が10万なので、それに少しプラスとボーナス払いで十分払えると考えてる。

Q. 話は逸れるけど郊外で家賃10万は贅沢でしょ?

A. 確かに贅沢。でもそのおかげで住宅ローン払えるだけの耐性がついてるとポジティブに考えてる。もし今家賃が6万だったら踏み切れなかったかもしれない。

Q. 頭金とか貯めてるの?

A. 殆ど無いよ。でも100%融資してくれるところもあるし、頭金に縛られないでもっと調べてみた方がいい。

Q. どうして「家を買う」じゃなくて「家を建てる」なの?

A. 繰り返しになるけど、一生に一度しか買えない物って考えたら出来合いのじゃ嫌だから。そんなのつまらな過ぎる。

Q. 建売が嫌なら、ハウスメーカーで建ててもいいんじゃないの?

A. うーん、最初はそう思った。でも、やっぱりホントに自分の感性にあった好きな家建てたいし、色々あって建築家に頼もうと思った。街並みを見て、そこに住みたいと思える家ってどれだけある?

Q. 設計管理料が勿体無くないの?

A. それは思わなくは無いけど、「坪単価」の不透明さも相当なもんだよ。それだったら設計管理料も含めて予算決めて、コスト管理もして貰った方が判りやすいと思う。それに、総額や坪単価で見てもそんなに言うほど高く無いよ。

Q. 高くないって言うけど、それでも建物で1000万違ったりするし高いよね?

A. うーん、これ以上はホントに水掛け論。「その靴高くない?」って言われても気に入って買ってるし高いとは思わないのと一緒。高いと思う奴は買わなければいい。もちろん無理してでもいい物を買いたいって言う要素はある。建売やマンションより高いけど許容できる範囲。

Q. 建ててからローンとか辛くなるんじゃないの?

A. 自分の好きに建てて、その家に仕事を終えて帰るんだよ。頑張ろうって気にもなるんじゃないかな?それで頑張れない奴はダメだと思う。それに、辛いからって投げ出せないでしょ。追い詰められた方がやれるタイプなんだよ俺。多分。

Q. 周囲の理解は得られているの?

A. 妻の理解は完全に得られてる。両親とかはやっぱり高いと思ってるみたいだけど、一生に一度の買い物で自分達の好きなものを選ぼうとしているって点は理解してくれてる。どっちにしろこれは俺達の買い物だから。

Q. 建売やマンションを買う人と自分の違いって何だと思う?

A. うーん、やっぱ物には少なからずこだわりがあるんだと思う。極端に言えば、人と一緒が嫌なんだと思う。それと、今後どんな家族にしていきたいかという事を強く考えていると思うし、それには家が重要なアイテムだと捉えていると思う。でも違いって言うと簡単にはわからない。こだわりに対してどこまで無理できるかかな?きっと俺はその閾値が凄く高い。

ざっと思いつくのは大体こんな感じです。取り立てて珍しい事は言ってませんよね。こうして自問自答してみてやっぱり俺には家を建てるって言う選択肢以外は見つからないって事を再確認しました。
  1. 2006/05/02(火) 00:49:24|
  2. misc
   |   HOME   |   

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。