Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

造成進捗#10

木曜にS山から聞いた話によると、その日から位置指定道路の工事が始まっているって話でした。ですが、見に行ってみると何にもしてない。昨日の金曜日にも見に行きましたが何にもやってない。どーなってんだ!と思うけど、まあいつもの事。

そしてしつこく今日も見に行って来ました。すると、工事の車両が目に入りました。1ヶ月ぶりにやっと動きあり。
F1000067.jpg

近くまで行ってみると、やはり道路を延長する工事のようでした。L字溝が入る部分を掘り下げて何かしてました。

この工事が終わると敷地まで道路が繋がる事になります。まあそれはいいんだけど、北側の土留めとか北東の角とかの工事が全然されてないぞ。こっちを早くやれ、こっちを。
  1. 2006/06/10(土) 18:25:11|
  2. 造成

峠を越えましたっ!

山梨中央銀行でローンの審査がおりました!やっほう!
  1. 2006/06/09(金) 19:04:09|
  2. ローン/資金計画

明日ローンの答えが

今日の午前中S山と会って話をしてきました。

まず、土地の話。遅れたりするならちゃんと俺にすぐ教えてくれと強く言いました。当たり前の事だよ。で、結局工事はすぐ始まるみたいなんだけど、最短でも引渡しは今月末だそうです。何でも、前回の位置指定道路の市役所の担当者が移動になったとかで、一からやり直しだったとかそうでないとか。もう知った事かって感じ。いいから早くしろ。

そしてまだ答えの出ない山梨中央銀行の件。何でも、額がちょっと大きいので通常の倍くらいの日数を審査に使っているんだと。そして明日には答えが出るらしい。倍審査するって、一体何するわけ?何日考えても同じなような気がするけどなぁ。

というわけで、工務店の選択がどうなるかが明日決まります。山梨中央銀行がダメとなると、さらに分割融資が可能な他の銀行を探すか、三井住友にするかになります。三井住友だと中間金を払わなくても建ててくれるような工務店(都合のいい話ですが)でしか建てられないので、もしかするとSE工法が使えないかもしれないというデメリットがあります。

大手の三井住友でOKが出ている事から、山梨中央の審査は結構楽観視してました。ですが、明日わかるとなるとだんだん不安になってきます。ダメだったらマジで凹むよなぁ。

ローンの処理もしてもらっているので、連絡がS山に行くというのもちょっと引っかからないでもないです。三井住友で借りる=S山の懇意にしている工務店で建てるという可能性が高いので、そっちに誘導しようとしてるんじゃねえの?と邪推しちゃったりします。さらに言うとホントは山梨中央の審査なんてとっくに終ってるんだけど握りつぶされてるんじゃねえの?とか。疑いすぎで申し訳なくなるくらい。そのくらい不安だって事なんですが。

もし結果がNGだったとしても、キチンと自分の耳で山梨中央の担当者から聞こうと思います。そして、可能性が少しでもあるなら交渉をしてみます。とにかく明日です。あードキドキする。死ぬ。
  1. 2006/06/08(木) 14:33:53|
  2. ローン/資金計画

ホント売主ウソばっか

はい、住宅ローンの答えがまだ来ないです。やっぱ貸せません、とかなるんじゃないかとだんだん怖くなって来てます。三井住友で借りるしか無いのか・・・

で、本来なら今の段階でローンをどうこうとか言ってるのは遅すぎます。ですが、31日に引渡しだったはずの土地が全然完成せず、結果的にはローンに時間を使えるような事になってます。まあ良し悪しですな。

それでもあまりに音沙汰が無いので、今日S山に電話してみました。すると、言うに事欠いて

「土地は24、5日に(完成に)なりそうです。」

だなんて言い放ちました。おいおいおいおい、それはちゃんとわかった時点で俺に伝えておけ。31日引渡しだって契約書にハンコ押した意味が全く無いじゃないか。

結局遅れる原因って言うのは、位置指定道路の許可云々です。つーか、役所への申請とか許可を勝手に見込んで契約書作るとかするなよなぁ。楽観的過ぎだよ。売主も不動産屋も。もちろん俺も。

土地の状況を詳しく聞くのと、ローンの話もせねばならないので木曜の午前中に会うことにしました。ローンなぁ、時間かかりすぎじゃないの。いい答えを聞かせてくれよ~、頼む。

というわけで、土地が完成するのが早いかローンが決まるのが早いか、って感じで引き続き待ち。もうずっと待ちばっか。
  1. 2006/06/07(水) 00:23:32|
  2. 土地

箱の家114オープンハウス

今日は我孫子へ「箱の家114」のオープンハウスに行ってきました。妻が都合でいけなかったので、単身我孫子へ向かいました。

我孫子までは中央線、武蔵野線、常磐線を乗り継ぐほぼ2時間の旅でした。武蔵野線が長かったな~。駅前の不動産屋を覗いてみると、土地の値段は八王子に比べてグッと安かったです。都心までの所要時間はあんまり変わらないのに。

目指す箱の家は駅から徒歩7分のところにありました。地図の通り歩くと遠目からでもすぐに見つかりました。
20060604024749.jpg

今回の箱の家は、標準仕様の1間幅のテラスが無いのですが、ガラス屋根の屋外室が吹き抜けの横にある特徴的な家でした。すぐ目の前がマンションであるため、プライバシー確保のために屋外室にはグレーチングのスクリーンが用意されています。

現地では山根さんが俺たちの家の図面を用意してくれていました。今回の箱の家と図面を比べなて具体的な広さを把握させてくれる為でした。そのおかげで実際リビングがどれくらいの広さになるのか掴めました。今回の箱の家はリビングがかなり大きく、それに比べてしまうと小さいのは否定できないのですが、十分な広さがあるなと思いました。

今回の箱の家は、キッチンの幅が広めで、さらに通路も広くなっていてかなり主婦の方々には嬉しい感じになっていました。俺も帰宅してから妻に広い方がいいか聞いてみましたが、それによってリビングが狭くなるならプライオリティじゃないと言う事でした。俺もまさに同意見。

話すと長くなるので割愛しますが、かなり得るものの多いオープンハウスでした。やはり自分達の家が具体性を帯びるに従って参考に出来る部分が多くなります。この部分はいいな、とかこの部分は違うようにしよう、なんて感じで考えられます。

第一案に対して夫婦で考えた希望を山根さんに伝えたり、色々聞いたりしてから我孫子を後にしました。後から写真を見てみると、この箱の家は外壁がガルバリウムじゃありませんでした。聞いたところラムダというサイディングのようで、初期の箱の家ではよく使われている素材のようです。ガルバリウムとの違いも聞いて、この箱の家のクライアントの意向がよく理解できました。

そんなわけで、充実した土曜日でした。早くローン関係を終わらせて俺たちも実施設計に入りたいです。
  1. 2006/06/03(土) 23:45:14|
  2. オープンハウス
   |   HOME   |    NEXT   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。