Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

持分割合

そうそう、持分の話です。忘れてました。

持分を半分ずつにしてしまえば話はシンプルなのですが、俺にもしもの事があった時に半々では妻に丸々半分(変な言い回し)のローンが残る事になります。となると、可能な限り俺の割合を多くしておきたいと思いました。

じゃあどこまで俺の割合を増やせるの?って言う話ですが、これは銀行が俺の年収に対して貸せる上限いっぱいまで、となるのだろうと考えていました。例えば俺一人じゃ500円しか借りられないのに700円借りたいとして合算するとします。350円ずつにも出来るけど俺の割合を極力増やしたい、そんな場合はやっぱり500円までが上限、と言うように。

なので、土曜日にもそうやって聞きました。このケースだと、幾らまでを俺の持分に出来ますか?と。担当者から返ってきた返事は意外にも、「それはお客様が任意で決めてください。」と言ったものでした。 え?それってどういう事?って聞いてみました。要するに、二人に対して幾ら幾ら貸す、と銀行はトータルに審査をしていて、既に俺達の希望する金額は融資できるとOKが出ている。後は幾らずつ払うか、持分とするかに関しては、極端に9:1となっていない限りは銀行は関知しない、などと言っていました。

うーん、そんなの変だと思うんだよな。審査のときに出した書類にも、俺がいくら、妻がいくらとは書いたもん。それを審査しているわけで、例えば本申し込みの際にそこから大きく外れた持分の割合にしたら、きっとそこで引っかかると思うんですよね。だって、一人じゃ借りられない額だから合算してるのに、持分は一人で借りられる額を超えるってのはどう考えてもおかしい。

銀行員としては、持分の話になると税務相談になってしまうので受けられない。相談したいなら税理士に聞いてくれと言うしかない。よって、はっきりと何割にした方がいい、とは言えないというのが本音なんだと思います。そんなわけで、結局持分の割合は年収の比率に合わせてあります。
  1. 2006/06/21(水) 20:45:56|
  2. ローン/資金計画
«   定点観測#4    |   HOME   |    造成進捗#14   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。