Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザ・ハウスへ行ってみた

まず、Webサイトから建築家ナビというのを入力すると、10件の建築家が出力される。
その人達の作品を見ながら、大体おおまかに好みかそうでないかを決めていく。
その後、コーディネーターがその結果を見て、

「それならきっとこの人も好きじゃないですか?」

みたいな提案があったりして、どんどん絞っていく。
コーディネーターのSさんはとっても話しやすく、今までで一番参考になったかも知れない。
また、話した内容から俺の好きな感じを掴むのもとても上手だと思った。

色々話してみて、以下の5件の建築家が気に入った。

特に、黒崎 敏佐藤光彦山下保博がビビっと来た。
なーんも予備知識の無い俺(下調べくらいしろよw)は、全然3人とも知らないんですがね。
作品例の殆どが俺の好きな感じの家。こんなのに住めたらなぁ、って素直に思える感じだった。

黒崎 敏って方は、曰くオススメの若手建築家らしい。
確かにカッコいい作品が多い。RCに強そうなのも良かった。
壁から生えてるコンクリートの階段なんてモロ好み。

佐藤光彦。グレーチングの使い方とか、外観とか、ほぼすべてが好み。
ザ・ハウスの人も、この方が気に入るのは結構センスが良いwとか言っていた。
なんでも、思い切ったことし過ぎて真の意味では一般受けしないとか。
コストの管理も上手だと言っていた。これは一番重要かも。
多分この3人の中では一番好きかもしれない。

山下保博。とにかく、鉄骨の箱を積み上げた家とガラスブロックの家にやられた。
あんな奇抜な事やっちゃうのが凄い。センスに脱帽。そしてあこがれる。
この人も相当好みだと思った。

俺が建築家に求めたいなぁ、と思うのは以下の点。

そうなると、ステューディオ2アーキテクツなんてのは今忙しくて1年半くらい着工までにかかるとかでまずダメでしょ。それに、そんな売れっ子って俺がビビるよな。
そして、やっぱコストは大事だよね。性能を下げない範囲でコストを抑える提案をしてくれるようなのがとっても理想だと思う。

そういえば、今の俺の予算だったら建築家と建てるのは現実的な範囲だけど、RCだと難しいかも?って言われちゃったなぁ。
まず、屋上ありきで考え初めてRCにたどり着いたわけだけど、もし屋上が他の工法でも使えるとか、屋上よりも魅力的な提案、つまり屋上が無い分をカバーしても余りあるような物が出来るのであればRCにこだわる必要も無いのかな?なんて思った。
それほど、今日見た建築家達の作品ってのはカッコいいのが多かった。

というわけで、休み明けに銀行にもう一度行ってきます。
建築家と面談する前に、銀行から融資可能かどうかをもう少しはっきりさせておく必要があるから。
必要なのは、つなぎ融資とか100%融資可能なのかとか建築家と建てても下りるのかとかの確認。
それにしても、土地買った瞬間からローン発生するわけで、仮住まいをどうすれば・・・という新たな悩みが出てきたなぁ。妻の実家しか無い気もするけど。

# 余談だけど、今日後ろで相談してた別の夫婦の話が聞こえちゃったのね。
# 荻窪で3500万の土地に1200万の家建てたいんだって。建築家と。
# ザ・ハウスの人も困ってたけど、1200万ってどんな家だろう・・・・
# 分譲なら出来るんだろうけど、ちょっと世間知らずだよね。
# おっと、デバガメデバガメ。

あー、それにしてもどんどんWビルテクノで建てる気の無くなってきている俺。
だってさー、明らかにカッコいいんだもの、建築家の家の方が。
今日の建築家達ってのはこの前行ったY設計よりもさらに細かく自分好みの家が建てられるっていう印象を持ったし。多分、コストの面ではY設計の方が上っぽいけどね。
なんかもう、前述したけどあれだけ色々カッコいい作品見ちゃうとRCじゃなきゃダメとかそういうのってどうでも良くなりかけてくる。自分が怖い。
結局今まで来た道と同じで、絶対性能を取るかデザインを取るかになってくるんだよね。
家だからもちろん、最低限の性能は保つつもりだけどね。

  1. 2005/09/18(日) 11:01:50|
  2. どこで建てる?
«   土地がちらほら    |   HOME   |    結局どこで建てるつもりなの?   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。