Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仲介手数料問題

昨日のうちに、4つの疑問点をFAXでS山さんへ送信しておきました。そして今日、金消契約が終わった後に近くのファミレスでそれについての回答を聞きました。

まず、登記費用、固定資産税、火災保険料については全て資料を提示してもらったためにすぐに話が終わりました。固定資産税、毎年結構かかるんですね。10万は絶対下らない様子。すっかり固定資産税の事考えてませんでした。

そして、本題の仲介手数料の話。待ってました。やっぱり最後に来たか。

「キョウヘイさん、仲介手数料は3%でどうにかなんないですかね!?」

はい来たー。開口一番これでした。やっぱりそう来たか。もう10ヶ月も経ってるしで大丈夫だと思ってるんだろうか。そりゃ俺も確かに喉元過ぎてるけど、約束は約束だよ。なので、暫くは「約束なので。言ったことなので。」と譲りませんでした。

この人の取り分はいくらになるんだろうと聞いてみると、S山さんは俺が今住んでいる借家を仲介した不動産屋と仲介手数料を折半することになっているとの事です。S山さんも自分で不動産の会社を持っているんだけど、その不動産屋は地元の老舗で客が来るため、提携のような形を取っているらしいです。出入りのブローカーって言うかそんな感じ。で、以前に不適際があった時に1.5%にするって言ったのはその不動産屋の社長なのです。

3%が1.5%になると、80万位のものが40万位になってしまいます。それをさらに折半するわけで、20万じゃちょっとかわいそうかな、なんて思っちゃいました。何だかんだ言って、いろんな不手際はあったけどこの人がいなかったらこの土地と出会えなかったと言うのは厳然たる事実です。それに、性格や態度に難はあれど、確かに色々良くやってくれている、やろうとしてくれているんだと言うのがやっと最近になってわかって来たからです。悪い人じゃ無いんですよね。もちろん、これは俺がそう思いたいのもあるでしょうけど。

正直に言ってちょっと情に絆されちゃいました。情けを出してしまいました。本当はそこで、「じゃあ3%でいいっすよ!」って言ってしまいそうになるくらい。でも、その反面冷静に「約束は約束だ」って思って譲る気の無い俺もいました。妻は隣でオロオロしてました。こういうリアルな金の交渉って、家電量販店で値切るのとはまたワケが違います。難しいです。

さらに、情云々の他にもここで1.5%を押し通して関係が台無しになるのも怖かったです。そういう意味では、妥協できる落とし所を見つける必要がありました。

そこで俺が口にしたのは、2%にしましょう、と言う内容でした。2%にして、社長の取り分を0.5%にすればS山さんの取り分はトータル3%の時と変わらないでしょう、と。そう、そうなんです。俺は何だかんだ言って、S山さんに1.5%払いたいなとは思ったんです。それでも3%は出す気が無いのが身勝手ですけどね。同情するのか徹底して金を出さないのかどっちかにしろよ、って言う話なんですけどね。でも人間そんなにシンプルには出来ていませんし、相手も人間なんです。

結局、この2%で落ち着きました。まあそれでも、やはり仁義としては折半するしか出来ない、と言ってはいました。ホントかどうかはわかりませんが、不動産を30年やっていて、仲介手数料を下げたのは初めての経験だそうです。確かにどこで土地買ったって3%で払う事はほぼ確実だと思います。まず2%なんて聞いたこと無い。結局妥協しちゃいましたが、まず最初に1.5%まで値切っていたところは評価してもいいな、と思います。

今回の話では、シビアな金勘定と情の間で葛藤しました。もちろん、「約束は約束だろうがよ」ってのが正しいですし、突っぱねるべきだったんでしょう。妻も後でそう言っていました(オイ!だったら黙ってないで言えって!)。こういう自分の変に甘いところは好きでもあるし、嫌いでもあります。でも、これで良かったと思ってます。
  1. 2006/06/29(木) 22:43:42|
  2. 土地
«   金銭消費貸借契約完了    |   HOME   |    ついに土地を入手   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。