Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結局どこで建てるつもりなの?

つまりはこれだよな、重要なのは。

はっきり言うと、工務店施工で行こうという気はかなり減ってきてしまっている。
やはり、今までのやりとりでもそうだが、間取りと言っても平面で表現できるレベルだけだし、「こういうの出来ますか?」とボールを投げても、も可能不可能しか帰ってこないのが限界っぽい。
そんな中、建築家の建てた建物をかなりの数見てきて、工務店では絶対と言っていい程建てることが不可能であろうものが多い。しかも、そういう建物にこそ魅力を感じる俺がいる。

そもそも、どうして今のYビルテクノに頼もうかと思ったか。

屋上が欲しい

じゃあRCか鉄骨

RCに強い、地元の工務店

Yビルテクノ

といった感じで来ているわけだ。

そもそもまず、屋上に縛られすぎている自分がいると思う。
確かに、屋上があれば凄くいろいろなことが出来そうだし、楽しいだろうと思う。便利だろうと。
でも、建築家達に頼めば、もしコスト的に屋上が無理だとしても、「でもこんな事が出来ますよ!」っていう提案をしてもらえるのじゃないかと期待が出来ると感じる。
無理にRCにこだわらなで、木造で上手にリビングとテラスをつなげたりとか、そういうことが出来そうだなぁと。
今の家だったら木造だろうが最低限の性能は確保できているはずで、RCよりものすごく劣るって事じゃないんじゃないかなぁ?何て思う。そりゃ、RCで出来るに越したこと無いんだけど、もっと柔軟に考えられるように今はなった。
もちろん、妥協と言えばそうかもしれないんだけど。

妻にも昨日俺が気に入った5件の建築家の作品を見せておいた。
奴もずいぶん気に入っていたようなので、感触は良い。
最初から、「RCRC、絶対RCで建てる!」って聞かせてたから、何を言われるか怖かったんだけどw
趣味の方向性が俺と同じで良かった・・・

と言うわけで、今は建築家で建てたいと思ってる。
出来れば、この予算でRCで出来ますよ! or RCじゃないけど屋上可能ですよ!
という人を選べれば・・・

まずは明日、銀行へ行く。
そして、ザ・ハウスとは並行して29日に完成するY設計のプランを待つ。

  1. 2005/09/19(月) 11:44:27|
  2. どこで建てる?
«   ザ・ハウスへ行ってみた    |   HOME   |    銀行へ 第二回   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。