Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボディ・ブローとアッパー・カット

昨日のオープンハウスの会場で、山根さんと外壁の色を黒にしたいんだがどうでしょうか、という話をしました。山根さんがちょうどガルバリウムのサンプル帳を持ってきてくれていて、見てみるとやっぱり黒がいいと思いました。

このBlogもなんとなく黒っぽいと思いますが、黒は俺が一番好きな色です。「色」としか表現のしようが無いのでこう言っていますが、黒ってのはすべての波長の光を吸収する特別な状態です。色という表現が正しいのか時折考えてしまいます。どの光も反射しないその無骨さに大変惹かれますし、凄く美しいとも思います。だから、「何色が好き?」と聞かれるといつも黒と答えています(色じゃないかも知れないけど、とか余計なこと言いながら)。

そんなわけで、外壁の色を黒くしたいと思っていました。誰かも言っていましたが、イームズのケーススタディハウスも黒が使われていてカッコいいなと思っていましたし。さらに、この前の建物探訪で「箱の家106」を見て、さらに黒が気に入りました。思いっきり箱の家106の真似じゃん、と言われそうで少し悔しいですが、それでもいいっす。

と言うわけで、山根さんと一緒に難波さんに黒い外壁にしたいのですが、と話しました。難波さんからのリアクションは、

「そうしたいならもちろんいいですよ。ただし1割くらい高くなりますが。」

と言うものでした。あれっ、明らかにそんなに乗り気じゃ無いっぽいリアクション。

話を聞いてみると、もし外壁を黒のガルバリウムにしたらおそらく工事費が50万程あがる事になるという事でした。箱の家では無塗装のガルバリウムを使うためにこうなるようです。「それなら50万俺がどっかからかき集めて来ますよ」なんて軽く言って見ましたが、そういう問題じゃ無いみたいですね。こんな風に言っていました。

「色なんていうのは少し経てば慣れて飽きてしまう。住宅の良さと言うのはそういうものじゃない。商業建築はまた違うけれど、住宅の良さと言うのはボディ・ブローのような物だ。アッパー・カットではない。」

なるほど、重いなぁと思いました。これこそボディに喰らいましたわ。帰り道ずっとこの事を考え続けました。確かに、色なんてのは住宅の本質じゃ無いですね。特に見た目が黒がいい、といった俺の希望は本質に繋がっていない。それは完全に認めます。そして、同じ50万を出すなら外壁の色やフローリングの太さにではなく、もっと良く出来るところは沢山あると。確かにちょっと浮ついていますね、俺。だって、予算で今の希望通りのものが出来るかすらギリギリなのに。何かを切り捨てる代わりに外壁の色を取る、って言うことになるかもしれないのに。

ちょっとほっとしました。難波さんのリアクションは俺の望んだ物じゃありませんでしたが、俺が難波さんに家造りを頼もうと決めた時に望んだ考え方でした。流石に浮ついた考え方はしてないな、と思いました。

この点に関しては、かなり重く真剣に考える必要があると思っています。外壁の色に拘りたい、何てのは単に俺の幼稚さの産物なんでしょうか。例えば、箱の家のシンプルでスクエアな外見がいいと思っているのと同じ所から出てきていると思っているんですが。でもこの場合って言うのは、デザインに秀でた物が使いにくかったりする外観と性能のトレードオフとはちょっと訳が違うっぽいです。長く住む家なんだから、単純な外観と性能のトレードオフってのは確かにナンセンスです。カッコいいからちょっと不便だけど我慢して使おう、じゃ通じないんですよね。

もちろん、性能面で全部やるだけの事はやっていて、それにプラスして外観に拘るって言うのが最高なんですよね。それが出来ればいいんですが、今の予算で外観に拘るときっと何か性能面で犠牲が出るって事なんだと思います。

それでもまだ、黒い家ってのが捨てきれない俺。だってカッコいいもん!カッコいいもの好きなんだもん!カッコいいもの好きじゃ無かったら、箱の家選んでもいないと思うんですよ。いくら性能が最強でも、カッコ悪かったら嫌だもん。カッコいいもの好きじゃなかったら、車もカローラだろうし、全身ユニクロ着てると思うんですよ(他意は無い例えですよ)。物になんて一切拘らないと思うんですよ。うーん・・・

とにかく、この点はよーーーーーーーく考えます。考える必要があります。
  1. 2006/07/02(日) 10:30:02|
  2. 建物
«   箱の家110オープンハウス    |   HOME   |    土地の権利書が届いた   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。