Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

減額案

さて、減額案です。イノウエからもらった査定結果からさらにいくら下げる事が可能か、という事を山根さんに検討していただいた結果がこの減額案です。山根さんからも、「家具工事はどれも中止したくなく、減額項目には悩んだ」と聞いているくらい愉快じゃない作業がこれです。

結果的に、山根さんからは以下の4点を減額案としていただきました。

・3Fのベランダを中止
・外装ガルバリウムを黒から素地仕上げに
・洗面器のボトルトラップを通常のものに
・土間/書斎の机を中止

それぞれ、24万、16万、4万5千、3万円の減額となり、合計で50万円弱の減額案でした。

うーーーーーん、どれも止めたくないっす。ひとつひとつ考えてみます。

■3Fのベランダ

まずはこれですが、元々今の建物の案に入っていなかったのを、3Fにもベランダが欲しいという俺のひと言で追加してもらったものです。そんな経緯から、おそらく減額案の段階では一番に槍玉に挙げられるであろうと予想していました。そしたら案の定だったわけですが、これを無くすのは嬉しくありません。

このベランダはスタディスペースから接続されているわけですが、家の南側で一番高いところにあるこのベランダは、娘にとって最高に眺めの良い楽しいスペースになると俺は予想しています。俺にとってもここは結構楽しそうな小さなベランダで、これが24万で買えるのであれば無くしたくありません。

故に減額案としては却下させていただきました。

■外装黒取りやめ

これも絶対減額案として出てくると思っていました。だって、家の機能に全く関係の無いコストだけかかる部分ですから。難波さんはあんまり黒に興味がなさそうですしね。カッコいいと思うんだけどな。

俺としても、外装を通常の素地仕上げから黒にすることで100万も違いが出るのであればあっさり諦めようと思っていました。いや、50万でもそうしたと思います。ですが、結果的に16万ほどの差だったわけで、それであるなら突き進んでしまおうと思える額だったわけです。だって16万って、俺が高校の頃最初に買った革ジャンとそんなに値段変わらないんだもん。後から黒にするってのが難しい以上、やっぱやるでしょ。

というわけで、この減額案も無しにしました。

■洗面器のボトルトラップ取りやめ

ボトルトラップってのが何なのかはGoogleしてください。この部分はまあ止めても良いですけど、4万5千円だからな… 300万オーバーしてる内容から見てみると、たいした事は無いなとやっぱり思ってしまうのです。完全に麻痺してますね。ですが、こんな俺の毎月の小遣いから出せそうな部分で妥協して、今後何十年と後悔したくない。最初は取りやめにしますと伝えましたが、やっぱりそのままボトルトラップで行く事にしました。

そんな感じでボトルトラップ採用は変わらず。

■土間/書斎の机を中止

これは、俺の最高にエキサイティングなスペースになるであろう土間/書斎の西側壁面幅一杯に、フレキシブルボードの机をつけて欲しいという内容です。土間の西側に机が欲しいという内容はうまく伝わっていなく、見積が始まってから追加した形になった項目で、これもおそらく減額案に入ってくるとは思っていました。

ですが、俺は最初から土間西側にはながーい机がある前提で住まい方を想像していたわけで、外すわけにはいかない要素でした。AVラックを使わずに棚にするという内容はまだ呑めましたが、これを無くすのはちょっと呑めません。しかも、3万円強。ちょっと飲みに行くのを我慢すればいいじゃん、という感じ。

よってこれもそのままとしました。


さて、お分かりのように結局山根さんが提案してくれた減額案は全て断る結果となってしまいました。決め手としては、やっぱり予算です。この4項目で200万減額になる、という内容であればまた別の結果になったと思います。要するに、欲しさと金額のバランスが絶妙だったんですよね。どっちに偏っても結論は簡単だったわけですが、この場合考えるとやっぱり欲しさがギリギリ勝つ結果になりました。せっかく色々考えてたいただいた山根さんには非常に申し訳ないと思っていますが、この全ての内容は山根さんと何度も打ち合わせて決めた事ですから、削らなくて済んで俺は嬉しいです。

いやー、金貯めておいて良かった。断腸の決断とかさ、腸を断ってまでする必要無いわけですよ。そんなら円満に呑んだ方がいいわけですよ。

こんな感じで大体工事金額が見えてまいりました。案の定予算は超えたわけですが、5000万!とかどんだけ現金を出しても足りない額じゃなかったのが良かった。この程度予算を超える事は大体予想してたわけで、それに向けて現金を用意してたからそれで何とかなりそうなわけです。

まあ、お分かりでしょうが俺たちとしては予算を超えた緊迫感よりは、希望を全部活かせそうだっていう喜びの方が強いんですよ、もちろん。
  1. 2006/09/16(土) 23:33:16|
  2. 建物
«   査定結果    |   HOME   |    定点観測#16   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。