Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Y設計 第四回

-2005/10/13

さて、色々好みを伝えて1週間間隔にしてもらった打ち合わせ第四回。

今日は、W辺さんじゃなくてY設計のボスのYさんが直接説明してくれました。
実際結構緊張します。

プラン。
かなりいいです。2Fのキッチン→ダイニング→リビングもいい感じで揃っていた。
そして、3Fに吹き抜け。ちょうどダイニングの真上になる形。
それにしても気に入ったのが、キッチンの後ろにあるユーティリティスペース。
ここで子供が勉強したりして、キッチンの母親がずっと視線を注いでいられるという形。
既にプランとしては、俺のやりたい事は全て網羅されているので、あとは外装や建物の形、内装等のデザインになってくると思う。

Y氏だが、基本的には

「いい家を安く提供したい。」

という情熱が根幹にあるのを感じ、そこはかなり共感できるし嬉しいのだが、話しているうちに色々と氏の人柄というか考えが見え、ちょっとそれは、と思う点が多々あった。
これは、否定や中傷をするつもりじゃなくて施主となる予定の俺として違和感を覚えたという部分だと思って欲しい。

この数点はかなり惜しいと思った。
聞くに氏は現場からの叩き上げであり、芸術家気取りの建築家が嫌いだというのはわかる。
しかし、学歴や階級を肯定する部分は逆に自分のキャリアに対する、-ここまで成功していても、だ-コンプレックスの複雑な表れでは無いかとも思った。

しかし、今日正直に思ったのは、ここまでプラン等を作らせておいて万が一別のところと契約した場合に、何されるかわからない、何言われるかわからないという怖さだった。
共感できる部分が多いのに少しだけ残念な打ち合わせだった。

プラン的には、テラス部分外壁はW辺さん提案の曇りガラスの方が良かったな。

  1. 2005/10/13(木) 07:37:53|
  2. どこで建てる?
«   次から次へといいないいなと節操無く・・・    |   HOME   |    界工作舎へ   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。