Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

墨出し#2

今日現場に行ってみると、養生が取り払われ作業が行われていました。

20061114100849.jpg
土台を配置する前に基礎のレベルを最終確認していると言うことでした。墨出しって事ですね。

20061114100858.jpg 20061114100908.jpg
アンカーボルトの周りにスポンジのような物がついていたのですが、それも取り除かれています。あれ、何かボルト曲がってない?なんだか不安な気持ちになったり…

20061114100937.jpg
近くで見るとこんな感じです。この穴はセメントで順次埋めていっていました。どうしてこのアンカーボルトだけこんな感じで周囲に穴を残したのか、質問してないのでわかりません。おそらく何かのチェック用なんだと思います。

しかし、右側の曲がってないか?なんだか心配。もう基礎の下まで埋まっちゃってるし、直せないんじゃねえのかなぁ。

とまあ心配していましたが、結局重要なのはこのボルトが何に使われるか、なんですね。聞いてみたらわかりました。てっきりこのボルトの先に柱が直接つくのかと思っていまして。

20061114100950.jpg
見せてもらったんですが、このボルトはこうやって柱につながるSE工法の金物を接続するための物でした。つまり、この金物のボルト穴に入れる事さえ出来れば、ワッシャーとナットで締め付けることが出来るってわけです。なるほどねぇ。何でも、基礎の中で鉄筋を避けてるんでこうやって斜めになったりもするって話です。アンカーボルト自体は、基礎の一番下に入っている金物と接続されているので強度は十分。でもまあ、まっすぐの方がいいっちゃいいんだろうなぁと思いましたけど。面に摩擦が働くんだから、締め付ける力は強いですよね。

ともあれ、素人が心配するような失敗、プロがするわけは無いですね。それでもいちいち心配になっちゃうのは、家への思い入れが成す業です。

20061114100955.jpg
しかしこのSE金物、もう見るからに丈夫そうで頑丈そうです。厚みも5mm以上あるし、こりゃあしっかりした家が建つだろう、って話ですわな。

この日のレベルの確認が終わって問題が無ければ、土台が配置されていく事になるそうです。
  1. 2006/11/13(月) 23:03:48|
  2. 工事全般
«   定点観測#43    |   HOME   |    定点観測#44   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。