Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

構造躯体工事#1 - 軒梁問題

「構造躯体工事」としては建方が最初となるはずですが、便宜的に上棟式以降の作業をこう呼ぼうと思います。

上棟式も終わり、各自それぞれ帰宅する段階になりました。そこで、建物を出ようとする難波さんが何かに気づき、山根さんやイノウエさん達と何だかいろいろ話し出しました。

聞いてみると、軒梁が本来プレカットされるべき形状と違う形のまま組みつけられている、との事でした。どうやら、工場側のミスだと言うことです。
20061205214310.jpg
これがその軒梁です。本来であれば、軒先に行くに従い細くなっていくはずだそうです。

…そうだっけ?

帰ってから、すかさず製本された図面を確認しました。
20061205214317.jpg 20061205214329.jpg
ああ、確かに庇が先端に向けて細くなるデザインになってますな。ぶっちゃけ全然意識してなかった点ですが、いつも目にしているのはこのデザインです。真っ直ぐだと確かにちょっと違う。

現在取り付けてある梁はまっすぐのまま。デザインを変更するのかな、と思って難波さんに聞いてみました。

「これはどうするんですか?」
「工場に直してもらいますよ。もう梁だけ外せないからここで直してもらうかも知れない。」
「このまま真っ直ぐに変更する、って事は無いんですか?」
「だってカッコ悪いでしょ?」

と言う話でした。確かに斜めの方がカッコいいですね。

それにしても、いつから斜めになったんだろう?手元にある模型を見ると、庇の部分は真っ直ぐですぞ?最初にもらった図面でも真っ直ぐ。どこかの立面図の段階でここのデザインに変更があったみたいです。気づけよ、俺。

難波さんとしては、青本往来記に「もっとも気を使ってデザインし、製作図段階でも何度も念を押した」と書いているのでこのデザインにかなりこだわっているみたいです。
  1. 2006/11/18(土) 23:39:15|
  2. 構造躯体工事
«   上棟式    |   HOME   |    外壁工事#1 - 1階外壁パネル張り   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。