Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱の家119オープンハウス

今日は「箱の家119」のオープンハウスに行ってきました。

俺たちの箱の家120より1つ先輩である、箱の家119は錦糸町にありました。ちょうどオリナスモールに入っている店に妻が行きたがっていたので、オープンハウスに行く前に寄っていきました。錦糸町は赤キップ切られた時にしか縁が無かったですが、便利になってますね。

20061225181347.jpg
駅から少し北に行き、細い路地を入ると住宅が密集する中に箱の家がありました。鉄骨3階建ての箱の家です。

3階建てで2階に吹き抜けのある家族室を配したデザインです。俺たちの家とは90度ずれていますが、階段、浴室、キッチンの位置などレイアウトが似ている点、建物の大きさも近い点から、自分たちの家を想像する上でとても参考になりました。

オープンハウスには山根さんも来てくれていて、俺たちの家の図面と今回の箱の家を比較して色々な話が出来ました。参考にしたい点、自分たちの家では少し変えたい点など。

前回のオープンハウスの感想を踏まえ、脱衣所の床をフレキシブルボードにしたらどうでしょうね、と言う話をしてみましたが山根さんは首を縦に振ってくれませんでした。確かに、フローリングが連続している方が良さそうではある。でもなぁ、なんかどっかでフレキシブルボードの床を使ってみたいっていう欲求があるんですよね。また折を見て山根さんに話してみようかな…

あと気になった事と言えば、吹き抜けの見切り(吹き抜けの境になる部分の、床の側面を処理するために取り付ける板状の物)です。箱の家116だとこれがアルミ製で、何となく唐突な印象を持ちました。周囲は全部木な所に、突然金属そのものの質感が登場するので。箱の家119だと、その部分は木製でした。俺たちの家もアルミにする予定と言うことなのですが、木とアルミどっちがいいかと悩んでいます。メリハリのアルミか、調和の木か。性能とかは要求される部分じゃないと言うし。うーん。

とにかく、色々参考になるオープンハウスでした。
  1. 2006/12/23(土) 21:03:43|
  2. オープンハウス
«   隣家との境界    |   HOME   |    造成進捗#16   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。