Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀行へ

8月頭

というわけで、自分が幾ら借りられるのかを知るために、銀行へ行くこととした。
しかも、舐めていることに短パンで行く俺・・・アホか?

まず、メインで使っている新生銀行へ行ってみた。
当然の如く、

「お口座の作成ですか?」

なんてにこやかに言われるわけだが、そこで毅然とした姿勢で

「住宅ローンの相談をさせていただきたくて。」

と告げた。

で、通されて色々話を聞いたが、どうやら新生のばあいは家の価格の90%までしか融資してもらえないらしい。ちっ、自己資金なんてハナクソくらいしか無いぞ。というわけで、即却下。でも、収入合算すれば割と借りられると言うことはわかった。
しかも、俺は建て売りを買う気は無いのだけど、新生だと支払いが同日にならないとダメ、つまり融資の実行は1回だけにしないとダメ、というわけで、土地買って家建てるつもりの俺にはどのみちダメって事だ。
でも、目から鱗だったのが、借り換えって概念。何年か他の銀行のローン払えば信用が出来るから、そうすれば借り換え出来るって話。
詳しく調べてみないとわからないけど、繰り上げ返済が無料とかそういうメリットが総合的に高いようなら将来借り換えも有りかぁ、なんて感じ。

次に、三井住友銀行へ。
案の定、

「お口座ですか?」

なんつって言われながら相談へ。
お?どうやらこちらは好感触。何でも、今は100%融資も出来るとか。良い時代ですねぇ。しかもこの低金利。タイミングはかなり良いと思う。
一通り説明を聞いて、どうやら希望額よりも多く借りられるであろうことがわかった。
ボーナス払いも併用すれば、今の家賃と同等の支払いでも済むことがわかった。これなら、妻が万が一仕事を辞めても俺一人で払って行けそうだ。

でまあ、借りられる算段が立ったとしても、結局買う家が決まるまではなーんも具体的な事は出来ないわけだ。
意外にあっさりしてるなぁ、なんて思いながら間抜けな質問したり。

「え、ってことはもう物件探しはじめていいんですか?ローン組める前提で?」

「そうですね。そうして物件が見つかりましたらまたいらしてください。」

みたいな感じ。ふ~む、なるほど。そんなもんか。

というわけで、意を得た俺は土地を探し出す事になった。
しかし、借りられるんだなぁ・・・・俺でも・・・

  1. 2005/08/06(土) 10:12:00|
  2. ローン/資金計画
«   先駆者じゃ~ん    |   HOME   |    スペック   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。