Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土地探し開始

さて、銀行に行ってみてローンがOKぽいとわかった俺は、早速不動産屋へ行くこととした。

ネットでも色々探したが、まず俺の住んでる駅周辺には土地だけの出物が全然無い。
そもそも、平地は駅の南北に少ししかなく、そこより先は大体傾斜地になっているので土地は少ないのだ。(その傾斜地の上は私鉄沿線でやや山の手風なんだけどね。)
そして、土地があったとしてもほぼ100%条件付き。
条件付きじゃぁー、全然ダメっすよ、マジで。

というわけで、今の家を借りている不動産屋へまず行くこととした。
ここは地元で結構長くやっているようで、社長もいいおじいさんなのだ。
今の家の床が抜けそうになったとき、「直さないなら家賃払いませんよ!」なんて言うやりとりがあって、社長とはだいぶ顔なじみなのだ。
ここなら、未公開の地元物件がありそう、と思ったわけだ。

早速、店を訪ねて切り出す。

「xx借家を借りてる者ですが、土地を探してまして・・・」

そこに社長が、

「おおー、ちょうどいいところに来た!」

なんて言うんですよ。

そこに1人男が登場。名前をS山としよう。
東北なまり(かな?)の抜けない、50代と思しき男。

「いやぁー、今ちょうどね、駅の北口徒歩6分にあるんですよ!」

こいつはナイスタイミングか?
詳しい話を聞くことに。

なんでも、そもそもは建売でやるつもりなのだが、S山が懇意にしている建築屋の物件であり、条件をはずす事が可能だというのだ。
しかも、今なら島の4区画の中が選び放題。しかも30坪の整形地で予算内。
こりゃ、俺も飛びつくわな。飛びつきましたよ。
当然、東南をピックアップ。
島の周りにもいくつかあるんだけど、そっちは35坪とか36坪とかで想定よりやや広いからパスしておいた。

そんなわけで、かなり買う意思を見せながらもその場ではもちろん決められないので一度不動産屋を後にした。
その後二件ほど回ったが、良い物件は無かった。
二件目の不動産屋で言われた台詞が心に残っていた。

「土地は作るわけにはいかないから、あるときに買わないとダメですよ!」

確かに、その通りだ。
いいのが出てくる、だなんて待っていて、徒歩6分の物件が売れてしまったら残るのは後悔だけだ・・・

人生で一番大きな買い物なのに、決めるのに使える時間は一番短いだなんて。
皮肉。

  1. 2005/08/07(日) 11:56:00|
  2. 土地
«   スペック    |   HOME   |    土地を決める   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。