Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

116-5=111

S山と土地について話してきました。
結論から言うと、116平米は確保できませんでした。減って約111平米になってしまいました。

嫌な予感はしてたんですが、案の定こうなりました。掻い摘んで話すと分筆時の増減って事になると思います。隣の土地や水路敷や位置指定道路との兼ね合いで、区画自体が少し小さくなったと言う事です。測量図をもらったときに、これじゃあ116平米確保できないんじゃないの?って思ったとおりでした。

しかも無念な事に、5平米減っただけです。それによる価格の変化は無し。

約4.3%面積が減るのに値段は変わらないというのは正直ふざけた話です。無論、それだったら値下げしてくれと言いました。ですが、売主はこの値段より下げるつもりは絶対に無いと告げられました。たとえ坪単価で割った額じゃなくても、ほんの少しの減額も無しか?と交渉しましたがそれも跳ね除けられました。

まあ、売主のこの強気も理解できます。以前にも書いたけど、隣の土地なんて条件付で360万も高いのに、それでも余裕で売れると売主は思ってるわけですから。なので、有体に言ってみれば「わざわざお前に安く売る必要はねえんだよ」とこういうことです。俺が買うの止めれば逆に好都合ってなもんで、条件つけた上に値段上げて売り出せるわけです。

俺の選択肢は2つしかありませんでした。そのまま買うか、買うのをやめるか。そして俺は前者を選びました。半年前にこの土地と出会ってからも、常にもっと良い条件の土地が無いものかと探し続けていた俺には、この土地を逃す事は出来ませんでした。4.3%面積が減ったとしても、ここよりいい条件の土地なんて見つからなかったしこれから見つかる保証も無いからです。(ちなみに、4.3%減って価格据え置きという事は、坪単価が約2万円上がったのと同じです・・・)

とてつもない苦渋の選択でしたが、いっくら悩んでも仕方が無いのでその場でその条件を飲む事を決断しました。理解はしましたが納得はしてません。けど正直仕方が無い。分筆後の増減ってのはある話ですし。さらに言うと、まだ正式に買い付けを打ってあるわけじゃないんです。だからいつでも手のひら返される可能性だってあった。4.3%減ったってまだ割安なんだから、ポジティブに考えるしかない。

もしこれが、同じ面積なんだけど100万円高くなりました、って話だったら全く性質が違う。そうなると全体の予算にも大きく関わってくるし、ホントにあきらめないとダメだったかもしれない。けど、ちょっぴり面積減るけど価格は一緒って、実を言うとこれから建てる家にそれほど影響は無いんですよね。それも決断した一因です。

S山と一通り面積の若干減について話した後、売主の建築会社に言って同じような説明を受けました。そして、いよいよ23日に土地の契約を行う事を決めてその日の話は終わりました。

はぁ。正直まだ納得いかない。でも仕方ない。
  1. 2006/04/14(金) 21:44:24|
  2. 土地
«   今後の予定    |   HOME   |    箱の家104見学   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。