Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本審査申し込み

ローン特約の期限も迫っているので、住宅ローンの本審査の申し込みをしました。あれ?本審査でいいんだよな?

その前に一度、つなぎ融資について銀行の担当に直接会って聞く事にしました。S山からはつなぎは無理だと聞いてはいるのですが、やっぱり自分で確認しないと納得できないと言うわけです。

ここまで住宅ローンの話を進めてきたのは三井住友銀行です。その三井住友の八王子ローンプラザで組もうとしているのですが、結論から言うと「住宅ローン」という枠組みの中ではつなぎ融資という概念は無い、つまりそのローンプラザでは住宅ローンしか扱っていないので、つなぎ融資という事は行っていないし、これまでにも行った事は無い、とバッサリ切られてしまいました。

けんもほろろとはこの事ですな。取り付く島が無いともこの事です。とにかく、うちじゃあやってないしやらないの一点張り。おいおい、じゃあお前のところで借りねえよ?貸したいんじゃ無いのかなぁ。「システムですから。」だって。うーん、やっぱりダメか?しかしこのローンプラザってのも融通が利かないな。

三井住友は35年固定金利もかなり低いので、住宅ローンを組む銀行としては理想的なのですが、現状のプライオリティは金利よりもつなぎ融資=中間金の支払いです。だったらもっと多角的にいろんな銀行を当たればいいじゃん、って思うでしょ?でもね、妻が1年育児休暇を取ってたから去年の年収が6万円なんですよ。三井住友には去年の秋から話をしているので、16年分の年収で審査してくれるって話になってるんです。他の銀行がどこでもこの対応をしてくれるかどうかわからないので、他を当たるのに億劫になってるんですね。

つなぎがダメって時点で結構お先真っ暗なんですが、もう1つ問題がありました。俺たち夫婦の世帯収入ではマンションが2つ買える位の額の融資が受けられます。なので、今回の土地と建物の総額を見るだけなら余裕で借りられる額です。融資を受けるには担保が必要で、それぞれのローンに土地と建物が担保になります。俺が契約した土地は隣地がもっと高い値段で売り出されていると言うこともあって、土地の金額に対して100%(実際は100%以上)融資が受けられる事になっています。ですが、銀行には木造だと坪あたり60万くらいしか融資できないという基準があると言う話で、建物に対して概算見積もりの通りの額が融資できるかどうかは厳しそうだというのです。

箱の家のコンセプトや難波さんがどういう方かを説明し、「一概に木造だから60万」といった考え方ではないという事を伝えました。ですが、担当者の言う事ももっとでこういうものでした。

「私の意見ではなく、システムなんです。ある程度の基準は必要なんです。それに、一軒一軒全部の建物の仕様を調べてそれに見合った額融資をすると言うのは現実的に不可能なので、やはり基準が必要になるのです。それが木造だと坪60万なのです。」

なるほど。理屈は確かにそうだ。でも俺には便宜を図れよと言いたい。もちろんそれでも、坪60万じゃなくて見積もりの通り融資を受けられるようお願いし、審査をしてもらう事になりました。

というわけで、目下問題は以下の2つです。中間金をどうやって払うかと、建物に対する融資額がどうなるかです。つなぎは他の銀行を当たってみようとも思います。何か担保があれば何とかなるかもわかりませんが、残念ながらそんなもの無いんですよね。それと、設計管理費は何とか現金で出せない事も無いのでもしかするとそうなるのかも。
  1. 2006/05/16(火) 22:16:08|
  2. ローン/資金計画
«   第1回プレゼンテーション    |   HOME   |    ローン特約の期限が・・・   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。