Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12cm

そうそう、土地についてもう1つ特記する事があります。

測量図だと、土地の北辺は7.50mとなっています。ですが位置指定道路の図面だと7.38mとなっている。昨日売主と会って話をしている最中にそこに気づいたので聞いてみました。まーた面積減るんかい!と。

その結果、俺の持分となるはずの土地は北辺7.38mが正しい事がわかりました。けど今土地自体は北辺7.50mで整地されています。じゃあその12cmの違いは何なの?って話ですが、市の持ち分なんです。北東の角に三角に市の土地が入ってるんですね。

市の持ち物なんですが、実際そこには壁が立つことになります。また、水路としても使われない部分です。ありていに言ってしまえば、俺が使える部分になります。もちろん、後々払い下げてもらう事も可能。払い下げてもらわなくても、誰にも文句は言われないし特に問題は無いんですけどね。けど、もちろんその12cm分実際登記する土地の大きさは小さいわけです。

この事によって、111平米からさらにちょっぴり小さいことになりました。110平米強。でも、正直どっちでもいい話です。建築確認は実測でするので、青地が入ってようが登記の面積よりも広かろうが俺が建てられる建物の広さは変わら無いんです。
  1. 2006/04/15(土) 17:26:18|
  2. 土地

116-5=111

S山と土地について話してきました。
結論から言うと、116平米は確保できませんでした。減って約111平米になってしまいました。

嫌な予感はしてたんですが、案の定こうなりました。掻い摘んで話すと分筆時の増減って事になると思います。隣の土地や水路敷や位置指定道路との兼ね合いで、区画自体が少し小さくなったと言う事です。測量図をもらったときに、これじゃあ116平米確保できないんじゃないの?って思ったとおりでした。

しかも無念な事に、5平米減っただけです。それによる価格の変化は無し。

約4.3%面積が減るのに値段は変わらないというのは正直ふざけた話です。無論、それだったら値下げしてくれと言いました。ですが、売主はこの値段より下げるつもりは絶対に無いと告げられました。たとえ坪単価で割った額じゃなくても、ほんの少しの減額も無しか?と交渉しましたがそれも跳ね除けられました。

まあ、売主のこの強気も理解できます。以前にも書いたけど、隣の土地なんて条件付で360万も高いのに、それでも余裕で売れると売主は思ってるわけですから。なので、有体に言ってみれば「わざわざお前に安く売る必要はねえんだよ」とこういうことです。俺が買うの止めれば逆に好都合ってなもんで、条件つけた上に値段上げて売り出せるわけです。

俺の選択肢は2つしかありませんでした。そのまま買うか、買うのをやめるか。そして俺は前者を選びました。半年前にこの土地と出会ってからも、常にもっと良い条件の土地が無いものかと探し続けていた俺には、この土地を逃す事は出来ませんでした。4.3%面積が減ったとしても、ここよりいい条件の土地なんて見つからなかったしこれから見つかる保証も無いからです。(ちなみに、4.3%減って価格据え置きという事は、坪単価が約2万円上がったのと同じです・・・)

とてつもない苦渋の選択でしたが、いっくら悩んでも仕方が無いのでその場でその条件を飲む事を決断しました。理解はしましたが納得はしてません。けど正直仕方が無い。分筆後の増減ってのはある話ですし。さらに言うと、まだ正式に買い付けを打ってあるわけじゃないんです。だからいつでも手のひら返される可能性だってあった。4.3%減ったってまだ割安なんだから、ポジティブに考えるしかない。

もしこれが、同じ面積なんだけど100万円高くなりました、って話だったら全く性質が違う。そうなると全体の予算にも大きく関わってくるし、ホントにあきらめないとダメだったかもしれない。けど、ちょっぴり面積減るけど価格は一緒って、実を言うとこれから建てる家にそれほど影響は無いんですよね。それも決断した一因です。

S山と一通り面積の若干減について話した後、売主の建築会社に言って同じような説明を受けました。そして、いよいよ23日に土地の契約を行う事を決めてその日の話は終わりました。

はぁ。正直まだ納得いかない。でも仕方ない。
  1. 2006/04/14(金) 21:44:24|
  2. 土地

敷地調査

今日は難波さんが土地の調査に来てくれました。
昨年の10月に界工作舎の扉を叩いてからはや半年。やっとここまできた事に感慨一入です。

10時に駅で待ち合わせでしたが、きっと難波さんはハットをかぶっているだろうと思い探したところ、やはりすぐ見つかりました。どなたか事務所の方を連れていらっしゃるかなとも思いましたがお一人でした。こういう敷地の調査などに自分の足で赴いてくれるって言うのは嬉しいですね。

早速土地まで歩いて、敷地を見てもらいました。
結論から言うと、土地の高さを合わせるために施された盛り土以外に懸念する材料は無いというお話でした。水路のあたりとかが心配だったので、ほっとしました。

後は周りの景色とかを見ながら、リビングは南向きが良さそうですね、とか、3階建てかな、とか、隣にどんな家が建つかですね、とかお話しました。それと、最近竣工して住み始めた難波さんの自宅兼事務所もオール電化にしているというお話も聞きました。俺は凄く影響されやすいんで、オール電化も良さそうだなとコロッと転びそうです。考えてみると、ガスの火も結局自然の火じゃないですからね。火との付き合いをいかに用意するかっていうのは、オール電化かガスかに関わらず親の責任だな、と。

どんな家にしたいのか、と言うお話で、駐車場2台分とそこに直結したバイクなどを入れられる趣味室が欲しいとお伝えしました。すると、豊田にある箱の家104がそんな感じなので一度見せてもらいに行きましょう、という話になりました。この点では、「具体的な例を見てイメージが固まってしまうのが少し怖いのですが」とお話しました。難波さんも確かにそうだ、とおっしゃっていましたが、このケースだと希望があまりに似ているため参考になるだろう、と言う事でした。実を言えば他の箱の家を見たいに決まってるわけで、機会を作って一度拝見させていただく事にしました。

俺の希望は告げたのですが、後は妻の希望を良く聞いてくださいとの事でした。帰ってから妻に聞いてみたところ、どうしてもコレが無いと嫌だっていうような希望はないし、箱の家のコンセプトも理解していて気に入っているし、俺の感性も信じているので、丸投げじゃないポジティブな意味でお任せしますと言われました。信頼してもらっているのがわかり、凄く嬉しかったです。

今日色々お話させていただいて、難波さんのやっている一室空間ってのは本当に難波さん自身の生活から生まれているのが良くわかりました。そして、俺もこれから妻と娘との生活を築いていくにあたり、そういう環境で生活してみたいなと思いました。

今後の展開としては、俺は土地の分筆が終わればすぐに難波さんに伝える。また、難波さんは豊田の箱の家へ訪問する日をセッティングしてくださると言う事でした。箱の家以前の経験だと、もうある程度の希望を告げたらすぐプランが出来てきていてました。土地の測量もまだはっきり終わっていないのにプランなんて作れるわけが無いんですが、人情としては早く形となったものを見たいなと思うのは止められませんね。でも一つ一つやっていくしか無いし、俺がここで焦ってもしょうがない。こうやって着実に進めていけばいいものが出来るに決まってる。

  1. 2006/04/08(土) 21:55:10|
  2. 土地

116平米は確保できるの?

このエントリにも書きましたが、ちゃんと116平米確保してもらえるのかどうか心配でS山に電話をして見ました。

すると、「ちゃんとキョウヘイさんの方は最初に話したとおり確保するから!」というリアクション。
あ、ふぅーん。それならいいのよ、それなら。

それよりも気になるのが、昨日も言ってたんですが、こんな事。

「水路の部分を市が使う兼ね合いで、実際渡せる面積は狭くなるかもしれない。」

良くわからないんですが、実際図面で水路じゃない部分まで今水路になっているって言う事みたいな感じ。えーと、それは一体?市が俺の買う土地を使っちゃうの?そりゃおかしいだろう。俺が市の土地使っちゃうならまだしも、逆は変だ。これって、市がどうのじゃなくて水路入れてみたら実は面積もっと小さくなっちゃいました、って言う話じゃないの?

このあたりも、もうちょっと良く確認する必要が出てきました。
どうにもS山って男は、勢いはあるんだけどホントにわかってるのか掴み辛い、というか分かってないんじゃねえの?って思わせるヤツなんですよねぇ。だからいちいち不安になる。土地の値段っつー超グッジョブを見せてくれた後だけに、全幅の信頼をおいてもいい筈なんですが、だからかえってどんなどんでん返しがあるのかものっすご不安になりもするわけです。
  1. 2006/04/02(日) 01:31:58|
  2. 土地

測量図からわかったこと

S山から土地の測量図がFAXされてきた。
20060401105800.jpg

まだ分筆前のものなので、どこからどこまでが俺が買う分、とはっきりはしてない。
この図面に含まれているのは、1つ前のエントリに貼ったチラシの土地と俺が買おうとしている土地。この図面からは、面積は合計で224.9平米だということがわかる。

おや?俺が聞いているのは、116平米≒35坪って話だぞ。

で、南隣の土地も116平米ってチラシに書いてあった。

116+116=232

7平米足りないじゃん!

えー、俺が買う方が108平米になっちゃうのかしら。だってチラシに「116平米」って大々的に載せてたもんな。7平米小さくなると6%も小さくなっちゃいますよ。6%って言ったら100万円以上って事になりますぞ。35坪のはずが、33坪になっちゃいますぞ。

いや、待てよ。俺が売主と予約時に交わした書類には、ちゃんと「116㎡」って書いてあるぞ。この書類も無視できないでしょ。

まあ、チラシには
「※測量、分筆前につき、土地面積に若干の増減を伴う場合があります。」
って書いてあるんで、隣の土地が減るのかな?

それとも、お互い約1坪ずつ減るのかな?落としどころとしてはここのような気が・・・

この点については分筆までにキチンと整理しようと思います。半年前から押さえている俺の方が減らされるようじゃあ話がおかしいですので。もし面積が減るなんて事であれば、毅然した態度で価格も下げてもらう対応を取るつもりです。

ですが、もし突っ撥ねられたら泣き寝入りしちゃう気がします。ここまで来て探し直しとかもう出来ません・・・
  1. 2006/04/01(土) 11:15:30|
  2. 土地

土地についてゴールが見えた

今日の午後、隣の駅にある不動産屋でS山と土地の今後について話をしてきました。

買おうとしている区画は、二段階に分けて造成をしています。
(つまり、平たく言えば開発逃れをしているわけですね。)
現在その一段階目が完成して、昨日のエントリのようにきれいに舗装された状態になっています。そして、俺が買う土地はその二段階目に含まれているわけです。一段階目が終わったので、二段階目が完成するまでの目処が立ったという話ですね。

S山から聞いた今後の流れて押しては、申請やなんかやを4月10日位までに終わらせ、二段階目の工事に着手できるのがおそらく4月半ば。完成は5月の連休明けくらいになるだろう、っていう事でした。

おお、すげえ。5月半ばには契約できるって事だ。これから住宅ローンとか色々具体的な話が動き出すわけですな。銀行からは既に審査OKもらっているので、それほどややこしい話にはならないとは思いますが。忙しくなりそうです。


で、S山からこんなチラシをもらいました。書き込みとかあってアレですが。
20060331193748.jpg
これって、俺の買う土地の南隣の土地のチラシなんですが、そこにはこの土地の値段が書いてあります。
(モザイク入れてるのはプライバシーとかじゃなくて、このBlog読んだ人が万が一この土地買おうとしてるとマズイから。)

なんと、同じ広さなのに俺が買うほうが360万円安いんです。
しかも、こっちは建築条件付。建築条件無しなのに、360万円も安い!

いや、S山やってくれました。ホントにホントに実は頼りになる男だったんですよ、彼は。そりゃ、このチラシの土地は角地だし南向きだしですが、同じ広さで条件無しなのに360万も安いってのは幸運としか言いようがない。S山の奴、でかいこと言うだけの事はありました。態度でかいだけの事はありました。

あの時不動産屋の扉を開けていなかったら、きっと違う誰かにこの話は行っていたんだと思います。ホント、土地探しってのはタイミングだとつくづく思いました。素直にラッキーだと喜びました。

さて、造成が終わる目処もたったので、いよいよ建物の話を本格的に始めることになりそうです。現状を難波さんにメールしておいたので、その返事を待とうと思います。
  1. 2006/03/31(金) 19:49:23|
  2. 土地

はい、都市ガスけってーい!

今日父親が遊びに来たんですが、何だかこんなことを言い始めました。

「東京ガスのサイトで見たんだけど、あの土地の周りには150mmのガス管通ってるってよ。」

はぁ?なんだか以前言っていた話と全然違うじゃないですか。あんたが東京ガスに問い合わせた結果ガスは通ってないって言ったんじゃないですか。

聞いてみると、何だか業者が使える東京ガスのサイトでガス管の敷設地図みたいなのを閲覧できるらしいんです。そしたら、まだ造成中のあの土地の中の道路にぐるっとガス管が入っていたという事です。

ということで、早速見に行ってみました。Blogには書いてませんが結構頻繁に見に行っていまして、昨日も見に行ったんですがガスが引いてある様子はなかったんで、特に期待しないで行きました。

F1000039.jpg
区画の入り口あたりで、早速異変に気づきました。おや?昨日はなかった工事の跡があるぞ?こりゃどう見てもガス管工事の跡だろ。

区画の中まで入ってみました。
F1000042.jpg
どう読んでも「東京ガス引き込み位置」。キタコレ!!

というわけで、今日の昼にガスの工事が行われていたみたいです。父親の見た図面ってのもこの内容を含んでいたんでしょうな。先にそれ見ろよと。これでオール電化は無しか?もうちょっと検討の余地はありますが、やっぱキッチンはガスがいいなと相変わらず思ってます。

さて、肝心の区画造成の進み具合はこんな感じ。
F1000040.jpg
進んでねぇー。早くアスファルト敷け。奥に土砂が山になってるのあたりが俺が買う予定の土地。

(このBlogって、2つカテゴリ選べないのね。そこだけFSのBlogに劣るな。)

  1. 2006/03/15(水) 22:17:39|
  2. 土地

LPなのか都市ガスなのか

-2006/02/25

さて、俺が買おうとしている土地ですが、都市ガスを引くって言うことに不動産屋からもらった書類ではなっています。ですが、すぐ敷地の入り口に立っている一戸建てはLP使ってるんですね。モロにボンベが見えますから。

で、俺の親父って建築の仕事ずっとしてるんですが、東京ガスに管路の敷設状況を確認してくれたって言うんですそしたら、俺の買おうとしている土地の周辺には全然都市ガスの管が来てない、って事になった。一番近くの管でもすげー遠いので、ホントに売主がそんなところからガス引くのか?とかそんな話に。

まあそういう何やかやで、もしS山から、「申し訳ない、やっぱりLPでした!」なんて話になったとしたら、「話がちげぇーーじゃねえかよ!」なんて怒鳴ったりせず深呼吸して話を聞いてやろうと思ってた。んで、もしLPになるんだったらオール電化にしようと思ってた。

都市ガスだったらオール電化にしないの?っていう問いに対する答えは、しません。いいところが取り上げられてばかりだけど、家の中に火が無いっていうのはどーにも不自然だと思う。特に、娘に火の怖さを教えてやれないと思う。俺たち夫婦はタバコを吸わないし、花火でもするときしか生活に火が登場しないって事になってしまう。なので、都市ガスだったらオール電化にはしないつもりでいる。たとえオール電化の方がパフォーマンスが高いとしても、フランベするのにわざわざチャッカマン使うなんて興醒めだろう。

そんな中、今日もまた土地を見に行ってみた。もうストーカーですね。種蒔いた植木鉢を毎日見ちゃう子と一緒ですね。さておき、土曜だから作業してないかな、と思って行ってみたんですがちゃんと作業してました。で、ヘタレの俺はまたさりげなく通り過ぎる・・・ 根性無いんです。そのまま帰るんじゃもったいないって思いまして、ちょっと近所を一回りしてから帰ろうと思いました。

で、何気なくすぐ前の道のむこうの家を見てたんですが、どう見ても都市ガスのメーターみたいなのが戸外についてるんですよね。近寄ってみてみるとまさに東京ガスのロゴがばっちり。あれ?都市ガス来てるじゃん?その後その区画を一回りしましたが、殆どの家が都市ガス。ってことは、目の前の道までは管が来てるんじゃないの?

親父の調べた管路ってのは一体なんだったんでしょうね。まあ、俺としては都市ガスが来てるなら言うことないわけですが。まだわかりませんが、多分LPじゃないだろうな、と楽観してます。

  1. 2006/02/25(土) 05:02:03|
  2. 土地

そして物語が始まる・・・のか?

-2006/02/19

S山からは2月頭に以下のような連絡をもらっていた。

「もう役所から許可が出ているので、(造成の)工事もすぐ始まるし図面もすぐ渡す。」

けれどそれから無しのつぶてで2週間あまり。けれど前回S山に電話をしたとき少し口論のようになってしまったため、また揉めると面倒なので電話をする気がしない。なので、散歩がてらまた土地の様子を見に行ってみた。「また」というのは、S山から上述の話を聞いた後に数回見に行ったから。

見に行ってみるとなんと、ちゃんと造成が始まっているじゃないですか。敷地の脇を流れていた水路にはU字溝が埋め込まれているし、道路の工事も始まってる。

正直言って驚きました。なんだかこの数ヶ月、土地を買うっていう話もだんだん不確かになっていっていて、自分の感覚しては今の状態は「いい土地が見つからないかと探している」っていう感じのステータスだったから。S山経由で土地を抑えている、っていうのがどうにも信じられない状態だったから。

そういうわけで、去年末には死ぬほど調べていた家の事とかもかなり忘れてきている自分がいるんです。なので、こりゃふんどしを締めなおさないといけないなと思いました。兜の緒でも可。あー、なんだ俺、やっぱり家建つんだ、建てられるんだ。そう思うとやっぱりワクワクしてきました。

今はまだ造成が始まったばかりですが、3月には渡せるっていうS山の=売主の台詞もどうやら本当だったみたいです。S山は言われるがままに何も考えずに言っているであろうから、どーも疑っていましたがこうやって工事が始まってみるとホント一安心。造成が終わって契約して、とトントン拍子で進んで欲しいもんです。

でさ、ちゃんとした図面はどうなった?まだもらってないんだけど。こりゃ催促しないとだめですね。それが無いと上物の話はなーんもできません。でも、それさえそろえばやっと難波さんに話を持っていけそうです。嬉しい。しかし、図面にしろやっぱいい加減だ・・・こっちがしっかりしないとと再再再再々認識。

  1. 2006/02/20(月) 04:29:45|
  2. 土地

新年ですが、土地どーなった

-2006/1/5

あけましておめでとうございます。

今年は20代最後の年です。何とか竣工とまでは行かなくても、今年のうちに家造りを形にしたいものです。

さて、旧年中には開発の申請が終わるという話だったので、新年早速S山氏に確認を行いました。

「申請は終わった。開発の許可が2月末には下りる見込み。」

だそうです。

うーん、3月に引渡しという話はどーなったんだろう。1ヶ月で終わるのだろうか。終わらないだろうなぁ。念のため、管轄する役所に申請の有無も確認しようかな・・・


あまりに遅々として進まないため、前回S山と話したあとに不動産屋の社長を問い詰めました。そうしたら、

「私の大事なお客さんにもあの区画紹介してますので、大丈夫です。安心してください。」

って言ってました。俺は大事な客じゃない、とも取れるし社長もすぐ訂正してましたが、これを聞いてやっぱ待つしかないなと思うわけです。つまり、最後はポシャってやっぱ無しっていう展開だけは無いであろうと。

  1. 2006/01/06(金) 04:55:07|
  2. 土地
«   PREVIOUS    |   HOME   |    NEXT   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。