Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Y設計に行ってみた

今日はY設計の無料相談に行ってきた。
見積から1/100の模型を作るまでを無料でやってくれるらしいのだ。
Y設計で建てた人のサイトをこの前見つけて、何だか良さそうだと思った。
曰く、「思ったよりも見積が安い。」
曰く、「Yさんは『ここを諦めましょう』とは絶対言わない。」
後者が特にいいな、と思った。もちろん、前者の方が重要なんだけど・・・

で、営業部長のSさんと言う方に、希望から妄想まで全部話してきた。
この後はたたき台を作っての2回目の相談となる。2週間後になるのだけど、かなり楽しみで仕方がない。模型ができるまでには全部で3ヶ月くらいかかるらしいんだけど、ローンに間に合うのかな?

説明の最初に聞いて安心したのが、サイトに出てる坪単価ってのは、設計管理費も外構工事も全部入れた総額を床面積で割った額なんだって事。
これは明快で凄く良いと思った。単純に建築家に頼む場合っていうのは工務店の値段+設計管理費となるのかと思ってたけど、そういうわけでも無いらしい。なるほど。

で、俺は髪を切るときは美容室に行く。必ず。
何故って、「こうしたい」っていうイメージが伝わりやすいし、提案してもらえるし、悪いけど床屋とはセンスが違うと思ってるから。
例えそれが、SHIMAとかでもやっぱりそれなりに床屋よりは良いと思う。

つまり、以下のような式が俺の中では成立してるわけだ。

工務店=床屋
建築家or設計事務所=美容室

偏見かも知れないけど、大筋ではこうなんじゃないかな?

イメージだとそのY設計つーのはSHIMAみたいな感じかな。
設計士も沢山いて、とにかく施工件数も多くて儲かってるってイメージ。だから、普通の建築家に頼むよりは、もっと商品化された家になる気がするけど、それでも工務店よりはデザイン力があるんじゃないかなぁと期待しちゃう。
だってさ、美容室も設計事務所もさ、こだわりたい人をいつも相手にしているのとしていないのじゃ違うでしょ?
ちょっと普通よりオシャレしたいとかそういう人はやっぱり美容室に行くだろうと思うわけで。
(おいおい、工務店施工で建てる気マンマンだったくせによく言うよw
いや、だって建築家=高いって決めつけてたし・・・可能なのならもちろん、って、ねぇ・・・)

で、もしY設計で頼むとなるとローンは自分でやるしかない。
今はプランを作ったりして貰っているWビルテクノのHさんにお願いしようと思っていたわけなんで、その辺りをきちんとしなければならない。
1/3ずつ3回払う必要があるんだけど、それをどうするか、とか土地と建物のローンを一緒に組むのか、分けるのか、とか。ああ、勉強不足・・・

でまあ、今の段階ではWビルテクノとY設計を天秤にかけるような感じになったわけだ。
でも、やっぱり比較しないと健全な選択はできないよな、と今更考え自分を鼓舞する俺。
Hさんには色々して貰ってるから、何となく心が痛む。
人生の一番大きな買い物に、こんなチープな感傷の入る余地は無いはずなのだけど。
あくまで冷静に、臨機応変に行こう。

というわけで、次の相談は9/29。
とりあえずどんなプランが出来てくるか、だな。
まだまだ迷走しそうだなぁ。

  1. 2005/09/14(水) 09:09:52|
  2. どこで建てる?

今日の打ち合わせ

今日は久しぶりに打ち合わせと言うことでHさんが来宅。
メールでやりとりしていたプランについて、色々話した。

えーと、大体俺が言ったことは、

  1. 玄関が西になってるけど東南よりいいんですか?
  2. 階段は鉄骨のにしたい。
  3. T字のリビングの使い方がわからないので、1Fの出っ張り部分はいらない。
  4. ホームシアターを作りたい。地下か3Fか。
  5. 2Fの廊下をグレーチングかアクリルで吹き抜けorトップライト風にしたい。
  6. 2Fの風呂にトップライトをつけたい。
  7. 1Fのトイレには小便器を置きたい。
  8. キッチンとか一部でも打ちっ放しにできないか?

といった感じで思いつく限りもう、つらつらと。
で、それに対してHさんは、

  1. 南面がもったいないので玄関じゃない方が良いのでは?
  2. 了解です。可能です。
  3. 了解です。
  4. 地下は非常に割高です。ガレージの奥に作って、LDKを減らしては?
  5. 出来るか確認します。
  6. 了解です。
  7. 掃除が大変ですよ?ですが可能です。
  8. 構造壁にすれば出来ることは出来る?

といった感じ。

ここで提案して貰ったのが、ガレージの奥に6畳ほどの一部屋を作ってそこをホームシアターにすると言う案。これはかなり気に入った。ガレージとの間にシャッターを付けるとして、普段は開けておく。ついたてを置いたりしても良い。そうすると、ホームシアターの後ろにバイクとかがあるという、かっこいい予感MAXの部屋になるじゃないか。

そして、そこは内壁も打ちっ放しにして、床もコンクリートではどうかと。そうすると、2Fのバスルームも打ちっ放しに出来るではないか。内外を打ちっ放しにすると言うことは、断熱材を使わないという事だけど、ガレージだし平気では?という感じ。これは、RC-Zの構造上片面に断熱材が必要だから。外側に断熱材を配置すると、外断熱になるわけだけど、外壁は打ちっ放しに出来ず、中は打ちっ放しに出来るというわけ。

そのホームシアターには窓は作らないでおこうと思う。カーテンでも遮光は完璧じゃないし、昼にプロジェクターで映画を見るなら割り切って窓はいらないと思った。ガレージ側はシャッターで全部開くわけで、開ければ開放感はあるかと。

ホームシアターを作ると、その分LDKが小さくなるわけだけどそれでも20畳はあるので十分かとも思う。狭くなることよりもしっかりプロジェクターで映画を観る事や、5.1chのスピーカーの配置などをしっかりやりたいと思うし。

さて、それとは別に2Fの廊下の床を透明にしたいという話。
考えているのが、そこと同じ位置で屋根にもトップライトを設けると言うアイデア。そうすれば、2枚のアクリル(orポリカボ?)越しにはなるけど外の光が取り込めるのでは?なんて思っている。また、屋上を使用するにあたってトップライトでは完全に障害物になるのだが、厚めのアクリルブロック(これは床に使用できる厚さ等を調査する必要があり。)を使えば上もそのまま歩けるのでは?なんて思う。難点としては、2Fの廊下をスカートで歩くと下から丸見え?な部分か・・・

まあ、そんな感じで色々言いたいことは言いまくったが、いったん見積もりをこのプランで作ってもらう事となった。セールストークかはわからないけど、今かなり施工件数が立て込んでて忙しくなってきているそうだ・・・

そういえば、床や壁を自分で仕上げても良いか?という件も聞いた。これはばっちり可能だそうだ。いくら安くなるかは不明。まあ微々たる物だろう。

それと、オール電化のイニシャルコストは通常より40万Up位だそうだ。元取るのに何年だ?15年くらい?まあ、金額云々よりも子供に対する安全性vs火の怖さを教えられない、と言う部分で一番悩んでいるんだけど。

それにしても、いいのかなぁ、このままここで建てちゃって・・・

  1. 2005/09/12(月) 11:25:12|
  2. どこで建てる?
   |   HOME   |    NEXT   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。