Guerrilla Radio

家造り奮闘記 in realtime

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮囲い

今日現場を見に行ったところ、仮囲いが設置されていました。

20061017101332.jpg
こんな感じ。ああ、この時点で既にお隣の窓の日当たりは… 許せ。

現場ではイノウエのお二人と基礎屋さんが打ち合わせ中でした。この後根切りの作業が始まるようです。もう一回後で見に行こうっと。
  1. 2006/10/17(火) 10:15:08|
  2. 工事全般

仮設トイレ

挨拶回りの後に見てみると、仮設トイレが出現してました。

20061015214803.jpg
うーん、赤いドアーの憎い奴。職人さん達にはここですっきりしていただければ何よりです。(何言ってんだ)

ちなみに… 俺は仮設トイレすっげー苦手です。自分の家かとっても綺麗なデパート以外じゃちょっと個室は使えません。なんかすげー大切な時間なんですよね。だから少しでも汚れてたりすると死にそうになる。俺達の家を建てるのにコイツも一役買うと思うとホント感謝です。そしてもちろん職人さん達にも感謝。
  1. 2006/10/14(土) 21:47:23|
  2. 工事全般

「建築基準法による確認済」表示板

銀行の帰りに敷地に行ってみると、「建築基準法による確認済」の表示板が出ていました。

20061015205637.jpg
これです。良く工事現場で見ますね。足場の囲いの外側に貼り付けてあったりしますね。

「建築主又は建造主氏名」の欄に自分の名前を見つけて、またいちいち少し嬉しくなってみたり。でも俺の名前だけになってたので、妻との連名に直してもらうようお願いしました。

1枚目の写真を見てもわかるとおり、隣では既に基礎配筋工事が行われています。現場の職人さん達は、原付に乗ってやって来たチャラチャラした格好の俺がまさか隣の施主だとは思っていない様子。ですが、「何しに来てんのコイツ」っていう空気は十分に感じます。どうもこの雰囲気苦手っす。かといって、「ちわーっす!隣の施主でーっす!」って行って歩くのもおかしいし。写真も撮り辛いぜ。

まあ今後自分達の敷地には毎日行く予定なので、苦手とか言ってられないわけですが、俺達の家の工事してくれてる人達にはちゃんと挨拶できるからまだ良いわけですよ。そういえば、土地がまだ俺達の物になってないときも工事の人とかいるとちょっと気まずかったの思い出すなぁ。

とか何とか考えながら表示板の写真を撮り終わり原付に乗ると、隣の工事をしている職人さんの1人が俺達の敷地の仮設ボックスから、1本のコンセントをそそくさと抜き出しました。写真にも写っているこの電源です。
200610152129.jpg

現場を後にしながら一瞬考えて、「ありゃ、あれって盗電じゃん!東電さーん、盗電ですよ!」って気づきました。一瞬にして頭に血が上ります。戻って文句言ってやろうか、と思いましたがモメ事が面倒なのと仕事へ急ぐのとでそのまま駅へと向かいました。

まあね、父親から聞いた話だと工事中の電気代は定額だって言う話なので、別に盗電つっても俺にもイノウエにも不利益は無いわけですわ。いや、しかし信じられない話だ。何つー厚顔無恥さ。次やってたら冷静に注意するしかねえ。施工会社に連絡しますよ、と。でもね、ああいうことやっちゃう思慮の浅い人達に、俺みたいな見た目の奴が注意しても全然のれんに腕押し糠に釘だと思うんだよね。経験上。だから注意しに戻らなかったわけで、本気でケンカする気じゃないと注意するのも面倒なんですよね。この工事にはケチつけたく無いわけですよ。

まあそんなわけで、今後もお隣の工事には要注意ですよ。みそ汁のゴミとかも俺らの敷地に捨てられてたしね。とりあえず山根さんとイノウエには盗電の話はしておいたのは言うまでもない。ああ不愉快。
  1. 2006/10/12(木) 23:49:17|
  2. 工事全般

地盤調査

今日は敷地の地盤調査が行われました。俺は仕事で立ち会えなかったのですが、父親や妻は見に行ったようです。また、立ち会った山根さんから報告をいただきました。写真も山根さんからの提供です。

建物の4隅と真ん中の5地点で、「スウェーデン式サウンディング試験」という方法で地盤調査を行ったそうです。
20061015121650.jpg

100kgの荷重をかけながら沈み具合を調べると言う事です。
20061015121716.jpg

とまあこんな感じで調査が行われました。
20061015123125.jpg
北東のポイントに関しては土留めを作った際に掘り返しているために、他のポイントよりは軟弱な地盤だったと言うことです。調査会社による分析によると、ランマーなどで転圧(締め固める事だそうです)を行えば十分な地耐力を得られると言う事でした。

そんなわけで、調査の結果問題が無いという事になりました。良かった良かった。

※ランマーとは: エンジンの振動で地面を締め固める道具です。工事現場でドドドドドってやってるホッピングみたいな(??)道具です。
  1. 2006/10/12(木) 00:59:28|
  2. 工事全般

地縄の愉しみ(地縄その2)

地鎮祭の直前に、イノウエさん達の手で地縄が細かく張られました。つまり、それぞれの部屋の大きさに細分された状態です。

これが楽しくて仕方ない。玄関から入って、階段を上って、何て感じでウォークスルーが楽しめます。外枠だけだったときに比べると、全然違う。実際歩いてみると、広さが実感できます。もうそんなに狭くは感じなくなりました。まあ、敷地の外から眺めたりするとそれでもやっぱり「あれっ、狭いな?」なんて思いますけど。

簡単に紹介しますと、まず下の写真が玄関のドアを開けて靴を脱いだ状態です。目の前の四角い枠は階段の位置。
20061009215417.jpg

そして、階段の右側のここがトイレ。便座に座った気分でドアの方を向いている状態です。1、2階ともにトイレは同じ場所。
20061009215412.jpg
今のトイレが狭いから、かなりの充実感。普通のトイレの大きさですけど。

階段を上って家族室へ。キッチンのはじっこからはこんな感じ。
20061009215435.jpg

地面に線を書いてみて、IHの場所をイメージしてみたり。
20061009215424.jpg

んで、家族室のソファを置くあたりからテレビを置くであろう西側を見てみるとこんな感じ。
20061009215441.jpg

とまあ、とにかく楽しいわけです。基礎工事が始まる間での楽しみですが、敷地へ行くたびに歩き回っちゃいます。
  1. 2006/10/08(日) 21:51:41|
  2. 工事全般

仮設電柱

地鎮祭の後に気づいたのですが、仮設電柱が立っていました。

20061008155030.jpg
後から定点観測で確認してみると、地鎮祭の前日には立っていた様子。(定点観測役立つじゃねえか。)土地に何かするのは地鎮祭の後、って話だったのにあっれーって感じ。まあいいですけど。電柱の移設とかもしてますし。

20061008155016.jpg
こんな感じで電柱から引き込んでます。

20061008155045.jpg
仮設ボックスも開けてみちゃったり。鍵とかここに入れっぱなしにすんなよー。
  1. 2006/10/07(土) 20:45:26|
  2. 工事全般

地鎮祭

いよいよ今日は地鎮祭の日となりました。朝起きてみると、昨日までとはまるで違う最高の快晴。日頃の行いが良いのか悪いのか、とにかく抜群の好天気に恵まれました。大安+快晴の地鎮祭です。最高の家が建つでしょう。

11時半からの予定だったのですが、地鎮祭後に近所に挨拶に回ると言うことだったので、簡単な手みやげを午前中に用意しました。それと地鎮祭に参加する両親がお酒を用意してくれたのですが、のしには「奉献」って書くのですね。人生最初の地鎮祭なのですが、勉強になる事ばかりです。

11時前に現地に到着してみると、既にイノウエの井上さんともう1人の方がいらっしゃっていました。(このシーン)その後、難波さんと山根さんも到着。後はご神職の到着を待つのみです。

ご神職は渋滞で少し遅れて到着しました。俺たちの地鎮祭は八王子にある「諏訪大地主神社」にお願いしました。軽く挨拶を済ませると、ご神職は祭壇の準備に取りかかりました。

ざっと10分ほどでこのような立派な祭壇ができあがりました。
20061008140959.jpg
いかにもこれから地鎮祭やるぞ、という感じ。緊張してきました。

難波さんが道の向こうの空き地から、ススキを持ってきて盛砂に挿しました。
20061008141509.jpg
さあ、地鎮祭の始まりです。

地鎮祭がどんな儀式なのかは適当にGoogleしてもらうとして、施主の出番は「四方祓い」と「鍬入れの儀」の大きく2つです。

四方祓いでは神職の後に続き、敷地の四方を清めます。神職がお祓いをした後に、小さな木箱に入った白紙を左、右、左とまきます。

そして鍬入れの儀です。これは先ほどの盛砂に対して、それぞれ設計者が鎌、施主が鍬、施工者が鋤を3度ずつ入れる儀式です。この際に、「えい!えい!えい!」と声を上げながらやります。難波さんはさっき用意したススキに対して鎌を入れるわけです。

四方祓いで神職の後を歩いているときに、娘から「がんばれ、がんばれ」と言われたのがまた嬉しかったです。30分強の儀式でしたが、娘が大人しくしてくれていて嬉しかったし感心しました。

こういう儀式的な事をするのって結婚式以来でした。昔から、緊張が高まるとニヤニヤしてしまうクセがあるので、そこに十分気をつけながら地鎮祭に望みました。同席していた母も、俺がニヘラ~と心配だったそうです。大きなお世話だ。鍬入れも真剣に威厳ある声でできたと思います。たぶん。

そんなわけで、一通りの儀式の後お神酒で乾杯をし、地鎮祭が滞りなく終了しました。

そういえば、地鎮祭の後にもこうやって囲いが残されるんですね。
20061008141638.jpg
言われてみるとこんな情景よく見かける気もする。

そして、
20061008141017.jpg
最後まで最高の天気でした。

これからいよいよ工事が始まります。まずは水曜の地盤調査です。
  1. 2006/10/07(土) 20:08:56|
  2. 工事全般

地縄

凄い雨です。明日は地鎮祭なのですが大丈夫なんだろうか…

神社側はこっちが中止にしない限りはどんな雨でもやる、と豪語していますが心配です。少なくとももう少し弱まって欲しいな。今現在の予報では、明日の6-12時の降水確率は20%。何とか行けそうです。まあ足元は悪そうですけど。

そんなわけで今朝も土地を見に行って来ました。地鎮祭前日と言うこともあり、もう地縄が張られているだろうと思い行ってみると案の定。
20061006131050.jpg
すげー、ここに家が建っちゃうんだ。イノウエさんありがとうございます。

20061006131120.jpg
この部分が1Fのテラスであり2Fのベランダであり深い庇になるわけだ。

20061006131133.jpg
家の中になる場所から見てみたり。

こうして地縄が張られてみると、家の大きさが凄く実感できます。まあ、俺の第一印象も「施主さん100人に聞きました」の地縄に関する質問で、96人が回答したのと同じものでした。それはつまり、

「思ったより狭い」

って事なんですけど。あっれー、やっぱり壁が無いと空間の大きさを把握するのって難しいなぁ。8畳の部屋にいたらそんなに狭いとは思わないのに、こうして地面だけ見ると凄く狭いように思える。ありきたりのリアクションですが、やっぱみんながそう思うだけあるな。

まあそれでも地縄が張ってあるとすげー実感沸くし、ワクワクしますよ。とにかく明日は地鎮祭です。盛り上がってまいりました。

※「施主さん100人に聞きました」なんてありません。
  1. 2006/10/06(金) 13:09:34|
  2. 工事全般
   |   HOME   |    NEXT   »

FIXED-POINT OBSERVATION


- 定点観測
更地の状態から竣工までの定点観測を続けています。(02/10/07更新)

※画面クリックで大きいサイズが見られます。

ABOUT THIS BLOG

- このブログについて

- このブログについて
※2006年末から現在まで更新が滞っていますが、必ず竣工までの分は掲載します。もう暫くお待ちください。

Author: キョウヘイ
都西部在住。20代のサラリーマン。手持ち50万からスタートした、建築家との家造りの様子をリアルタイムで綴っています。

興味がある方は家造りの流れを読んでみて下さい。抜けエピソードは徐々に追加する気でしたが、かなり忘れちゃってて追加できない気もしてます。多分しないかも。

俺がどんな奴かについては、スペックとかQ&Aをどうぞ。家造り以外の日記はmixiでも見て下さい。

残念ながらコメントとトラックバックには興味がありません。御用のある方は以下のフォームからメールを下さい。

ADs

HOUSE


- 建物
建物は「箱の家」シリーズを手がけている、難波和彦さんの界工作舎にお願いしています。「箱の家120」が俺達の家です。外装は黒いガルバリウムになる予定。

LAND LOT

- 土地
土地は現在の最寄駅周辺で何とか見つけました。こんな土地です。

POPULAR PAGES

- 電柱移設
敷地の中の邪魔な電柱を東電にお願いして移動してもらいました。

RECENT POSTS

CATEGORIES

MONTHLY ARCHIVES

(click the year to expand)

ALL ARCHIVES

VIEW ALL ARCHIVES

SEAECH IN THIS SITE

EMAIL ME

NAME:
FROM:
SUBJECT:
BODY:

SYNDICATE THIS SITE (XML)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。